04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ヴィランズは難しい

2015.09.15 (Tue)

tdr_150914_0313.jpg

シーのヴィランズです。ショーの演出は自分好みで、曲もなかなか良いのですが。。。写真撮影は相変わらず難しいですねぇ。
なんと言っても撮影距離の遠さが一番のネックです。ミッキー広場の立ち見は凄まじい激戦区なので、良いポジを確保するのは私にはとても無理です。しかもステージ上のキャラとダンサーさんが被り過ぎ。何とか頑張って初の撮影に挑みましたが、結果は55点でしょうか。。。笑 (Kさん本日はどうもお世話になりました)

ちなみに。。。このミニーさんの衣装は大好きです! 笑


* 今回の撮影上の反省点を本トピックの最後に挙げてみましたので、興味のある方はご覧下さい。


tdr_150914_0122.jpg

tdr_150914_0304.jpg

tdr_150914_0213.jpg

tdr_150914_0185.jpg

tdr_150914_0142.jpg

tdr_150914_0132.jpg

tdr_150914_0127.jpg

tdr_150914_0105.jpg

tdr_150914_0100.jpg

tdr_150914_0095.jpg

tdr_150914_0086.jpg

tdr_150914_0083.jpg

tdr_150914_0079.jpg

tdr_150914_0077.jpg

tdr_150914_0076.jpg

tdr_150914_0065.jpg

tdr_150914_0049.jpg

tdr_150914_0045.jpg

tdr_150914_0044.jpg


今回の撮影を振り返ってみました。何と言っても最大の反省点はピントの甘さですかね。

原因は幾つかあります。まず、十分な明るさが確保できずシャッタースピードが遅くなってしまった事。手振れ補正機能を利用していても、極わずかな手ブレと被写体ブレの影響でシャープ感が損なわれてしまいました。
もう1つは、同じく十分な明るさが確保出来なかったので、絞りも開放にせざるを得なかった事でしょう。このレンズは描写力を十分に引き出す為に、本来ならばF8程度まで絞り込みたい所なのですが、その分シャッタースピードが遅くなるわけで、こうした厳しい光線状態では悩ましい問題です。だからと言って、むやみにISO感度を上げると、今度は画質に悪影響が出てしまいますしね。。。
そして、最後は曇天のフラットな光線状態ですね。どうしても描写が平板でコントラストも低くなってしまうので、晴天時と比較すると相対的にシャープネスも低く見えてしまっています。

前回のランドが見事な晴天に恵まれただけに、今回の悪天候は残念な結果ではありますね。撮影時の天候はパーク撮影の結果を左右する、最も重要なファクターだと改めて思い知らされました。



【撮影データ】
Nikon D800、Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD
Aモード(絞り優先AE) 絞り開放 ISO1600 露出補正 0
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE

20:43  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://minniephotogallery.blog8.fc2.com/tb.php/312-b8224924

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。