09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016年 HKDL の Halloween から

2015.10.27 (Tue)

hkdl_151023_0076.jpg

前回のトピックに続いて、香港DLのハロウィーンの話題です。
こちらが今年のハロウィーンのミキミニのコスチューム。昨年までのゴシック系の世界観とは大きく異なり、伝統的なハロウィーンの路線に回帰したデザインです。

今年のコスチュームの中ではデジ姐さんが一番好きですかね。


hkdl_151023_0077.jpg

hkdl_151023_0626.jpg

hkdl_151023_0084.jpg

hkdl_151023_0085.jpg

hkdl_151023_0493.jpg

hkdl_151023_0644.jpg

hkdl_151023_0655.jpg

hkdl_151023_0656.jpg

hkdl_151023_0266.jpg

hkdl_151023_0097.jpg

hkdl_151023_0514.jpg

hkdl_151023_0666.jpg

hkdl_151023_0667.jpg


アナ雪のグリーティングも相変わらずの人気でした。
hkdl_151023_0346.jpg


ここからは、香港のお楽しみエンチャンテッド・ガーデンのキャラダイです。ようやく念願だったエプロン・ミニーさんにも合う事が出来ました。
ここ数年でエンチャの雰囲気も大きく変わってしまって、かつての様にキャラ達と存分にふれあいを楽しめる雰囲気ではなくなってしまいましたが、それでも香港を訪れるとついつい足を運んでしまいます 笑。
来年上海DLがオープンすれば、少しは大陸のゲストも減るのでしょうか?再び平和なエンチャが戻って来てくれると嬉しいのですが。。。

hkdl_151023_0035.jpg

hkdl_151023_0194.jpg

hkdl_151023_0199.jpg

hkdl_151023_0144.jpg

hkdl_151023_0026.jpg

hkdl_151023_0071.jpg

hkdl_151023_0211.jpg

hkdl_151023_0212.jpg

hkdl_151023_0234.jpg

hkdl_151023_0049.jpg



【撮影データ】
Nikon D800 AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
Pモード(プログラムAE) ISO800〜1600 露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
内蔵スピードライト併用 調光補正 -0.3
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE



スポンサーサイト
15:01  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)

Halloween Collection in Hong Kong DL

2015.10.01 (Thu)

舞浜はすっかり秋も深まり、ハロウィンのイベントが絶賛開催中な訳ですが、ランドのキャラ達のコスチュームのデザインに、自分としてはいまひとつ入り込めない点が残念ではあります。
特にミニーやデイジーといった女性キャラは、素敵なコスチュームを纏う事でその魅力が10倍増しになるのですから、ファンとしてはコスデザインの良し悪しに、一喜一憂してしまうのも致し方ありませんよね。

そうした視点でここ数年の香港DLのハロウィンを見てみると、繊細で魅力的なデザインのコスチュームが毎年目白押しといった感じで、嬉しい悲鳴状態が続いて来ました。どうやら、香港のコスチュームを担当するデザイナーの感性は、僕の好みと見事に一致しているみたいです。いや本当に素晴らしい!


そこで今回はちょっと趣向を変えて、2009年〜2014年までのミニーさんのハロウィンコスを振り返って見てみようという訳なのです。
それでは、じっくりと香港ミニーさんの魅力をご堪能下さい。


hkdl111001_0684_20151001202937a71.jpg

【Halloween 2009】
この頃はまだ香港の独自色を出し切れておらず、アナハイムのDLの影響を色濃く受けています。しかし、細部のディテールは香港ならではのデザインが施されていると感じるのは僕だけでしょうか?



hkdl121001_0418_2015100120294100b.jpg

【Halloween 2010】
これこそ近年稀にみる、傑作コスチュームの一つだと考えている2010年版です。この年から一挙に香港の独自色が開花した感がありますね。このコスはミニーさんの魅力を100%引き出しているという点で、シーのテーブルのスィーツ姫と双璧だと思うのです。パープル系の繊細な色使いとゴシック調のデザインのマッチングが絶妙で、本当に素敵なコスチュームに仕上がっていると思います。
もう何処かの美術館で永久保存してもらいたい位、大好きなコスチュームなのです。

私見ですが、劇的とも言えるこのデザイン傾向の変化から推し量ると、この年からコスチューム・デザイナーが変わったのかもしれませんね。



hkdl111001_0954_201510012029381db.jpg

【Halloween 2011】
前年の2010年の印象が強烈だった為に、何と無く地味で印象の薄い感じが否めない2011年版ですが、これ単体でじっくりと見直してみると、非常に凝ったディテールの施されたデザインである事が判ります。舞浜のハロウィンとは一線を画する、独自のテイストが漂う大人のハロウィンといった感じです。



hkdl121001_0202.jpg

【Halloween 2012】
この2012年版も大好きなデザインです。過去のTDLにも似た印象のコスはありましたが、こちらはリボンや手袋、そしてブーツといった小物に至るまで手を抜かず、徹底的にゴシック調の意匠が施されている点が目を引きます。
ミニーさんとスカーレット(真紅)の組み合わせって、有りそうで意外と少ないのですよね。華やかだけど気品を感じさせるデザインです。



hkdl_131001_0712_201510012030116cf.jpg

【Halloween 2013】
ある意味最も衝撃的だったのが、この2013年版のコスチューム。公式サイトで発表された際には正直「???」という第一印象でした。
所が、実際に現地でこのコスを目の当たりにして、一挙にその魅力に取り憑かれてしまいました。これは我が家の奥さんも一緒。なんと言っても、全体に漂うモノトーンで落ち着い雰囲気と、細部まで徹底的に施された独自のディテールが、これまでに見た事の無いハロウィンの世界を創り出していると思うのです。
安直なプリントパターンを一切排除し、手間のかかる刺繍を効果的に使って、高級感とクラシカルな雰囲気を醸し出している点が、このデザイナーさんの特徴だと言えるでしょう。



hkdl_131001_0213_20151001203010139.jpg

そして2013年版コスチュームの本当の魅力は、このデイジーのデザインにあります。なんと言ってもデイジーが持つ華やかなお色気と言ったものを、このコスチュームは効果的に表現していると思うのです。彼女のアイシャドウがさりげなくコーディネートされている点にもご注目ください。オシャレですねぇ。デザインの完成度という点で、このデイジー版こそが"The Best of Halloween"だと思っています。
2010年のミニーさんとこの2013年のデジ姐さん、どちらも甲乙つけ難い魅力が有りますね。



hkdl_141001b_0669_20151001203014d4e.jpg

【Halloween 2014】
そして昨年の2014年版。やや周回遅れ感が漂うマスカレードなので、ちょっとテンションは下がりますが、それでもTDSのマスカレードのコスチュームと比較すると、細部のディテールが格段に凝っている事が判ります。ドレスの金色の縁取りの刺繍に、2013年版と同じテイストが感じられます。このデザイナーさん好きだな〜。
ただ何と無くこのデザインは、運営側の要望が色濃く反映されている感じがして、デザイナーの主張が明確に見えてこない点が残念です。
ひょっとすると一連のゴシック路線で、シーの二番煎じでは無い独自の世界を完成させたかったのかもしれませんね。



さて香港のハロウィンの世界は如何だったでしょうか?
これまでの香港のハロィンは、実に魅力的なコスチュームで私達を魅了してくれました。そして今年の香港のハロウィン。。。これまでのデザイナーさんが移籍してしまったのではないかと思う位に、以前とは全く異なる世界観のコスチュームデザインに、訪れる前からかなりテンションダウンな私なのでした。









19:50  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。