10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

新 望遠ズーム購入

2014.11.23 (Sun)

久しぶりに新レンズを導入してみました。 
最近話題の、TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (写真下)です。
tamron 150-600
もっと望遠域を強化したかった事が本レンズ購入の動機です。これまでNikon純正の70-200mmの大口径望遠ズームに、x1.7倍の純正テレコンの組み合わせで撮影していたのですが、ハーバー等遠方の被写体では、この組み合わせでは撮影倍率が足りずに、シーンによっては不満を感じていたのでした。
そこで何か良いレンズは無いものか?と調べてみましたら、タムロンからリーズナブルな超望遠ズームが発売されている事を知りました。ネットで色々と調べてみた所、巷の評判も上々な様です。
特殊低分散硝子と新開発のナノコーティングを組み合わせた光学系、超音波モーターによるAF駆動、手ブレ補正装置搭載と、必要十分な最新機能が盛り込まれています。そこで早速購入に踏み切りました。
実はNikon純正の80-400mmの最新望遠ズームにもかなり心動かされたのですが、あちらはお値段がタムロンの約3倍ですからね。。。描写力やAFスピード等では当然差があるのでしょうが、圧倒的なコストパーフォーマンスの良さと600mmまで使える焦点レンジで、タムロンに軍配が上がったという訳です。
実はこれが僕にとって初のタムロンレンズなのです 笑。

余談ですが、最近シグマからほぼ同じ内容の超望遠ズームが発売されました。店頭で現物を見てみると、純正に迫る高級感ある仕上げは魅力的でしたが、お値段がタムロンの倍近い事で残念ながら候補から落ちてしまいました。

さて前置きはそれくらいにして、早速この新レンズをクリスマスで賑わうTDRに持ち込んでテスト撮影をしてみましたので、結果をご覧下さい。
パークでの使い勝手は上々です。大きさや重さも、普段愛用している純正の70-200mmを一回り大きくした感じで、手持ち撮影もさほど苦になりません。鏡胴の仕上げも想像していたよりずっと高級感があって、D800との組み合わせもバランスが良い感じです。(見た目はかなり派手なバズーカ砲になりますが。。。笑)


では、早速作例をご覧頂きましょう。まず最初はランドのクリスマスパレードです。

tdr_141115_0051.jpg

tdr_141115_0124.jpg

tdr_141115_0090.jpg

tdr_141115_0084.jpg

tdr_141115_0012.jpg

撮影場所はプラザセンターの停止位置、イン側の立ち見エリアの最前列です。被写体のミキミニまでの距離はざっと30m以上あるでしょうか。600mmの超望遠の威力は圧倒的ですね。十分に満足行く撮影倍率だと思います。
気になる描写性能を見てみましょう。描写を考慮して、絞りは開放ではなく一段絞り込んでF8としていますが、純正の望遠ズームと比較するとピントは若干甘めです。焦点距離は500〜600mm付近での撮影に対し、シャッタースピードは1/4000秒程度の高速シャッターが切れているにも関わらず、こうした結果に終わってしまっているのは正直物足りない印象です。普段純正レンズのクリアで目が覚める様な描写を見慣れているせいか、余計にそう感じるのかもしれませんね。
勿論実用的には不満の無い描写性能だと思います。望遠レンズで問題になりがちな色収差も効果的に補正されている様です。

1つ気になったのは、露出が気持ちオーバー気味に仕上がっている点です。カメラ側の問題なのか、レンズとの相性の問題なのかはまだよく判りませんが、今後はこうしたピーカンの撮影条件では、-0.3~-0.7程度の露出補正が必要かもしれません。これは今後の検証課題ですね。


【撮影データ】
Nikon D800
Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (焦点距離 600mm)
Aモード(絞り優先AE) 絞りF8 ISO800、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE



続いてはワンマンでの作例です。撮影ポジは客席のセンター下手中ほどで、被写体までの距離は約20m前後だと思います。

tdr_141115_0304.jpg

tdr_141115_0327.jpg

tdr_141115_0328.jpg

tdr_141115_0352.jpg

tdr_141115_0397.jpg

クリスマスパレードと同様に絞りをF8まで絞りました。撮影感度をISO1600に上げていますが、シャッタースピードは1/1000秒程度で思った程かせげていません。その為動きの早いシーンでは微妙に被写体ブレが発生して、ミニーさんのシャープネスが損なわれてしまっています。しかし、レンズそのものの描写は思いのほかシャープで、特に最後のシャイニングのミニーさんは驚くほど細部まできっちりと解像しており、純正ズームにも迫る描写力を見せてくれています。これは意外な結果でした。

撮影条件は明らかにクリスマスパレードより悪いにも関わらず、焦点距離400mm付近で撮影しているおかげで良好な結果になったのかもしれません。実はネット上で600mm付近では描写力が低下するという評価を散見しますが、まさにそれを裏付けるような撮影結果となった事が興味深いですね。


【撮影データ】
Nikon D800
Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (焦点距離 400mm前後)
Aモード(絞り優先AE) 絞りF8 ISO1600、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE



最後は夜のテーブルの作例です。これまでで一番条件の悪いシーンですが、果たしてどの様な結果になるのでしょうか?他と条件を揃える為に絞りはF8としており、ISO6400まで撮影感度を上げてテストに挑みました。

tdr_141115_0517.jpg

tdr_141115_0457.jpg

tdr_141115_0604.jpg

tdr_141115_0625.jpg

結果はワンマンと同様に被写体ブレによる微妙なシャープネスの低下は見られますが、レンズの描写そのものは十分にシャープである事が判りました。更に、シャッタースピードは1/250秒程度であるにも関わらず、手振れ補正機能(タムロンの呼称はVC)が効果的に手振れを補正してくれたお陰で、良好な撮影結果が得られました。発色傾向は純正ズームと比較するとややあっさり目かなという印象です。
決して明るいとは言えない本レンズですが、夜のショーにも十分使える実力を見せてくれた事は、嬉しい誤算だと感じています。


【撮影データ】
Nikon D800
Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (焦点距離 400mm前後)
Aモード(絞り優先AE) 絞りF8 ISO6400、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE




最後に今回のテスト撮影の印象をまとめてみたいと思います。

この望遠ズームは、実販価格10万円そこそこというリーズナブルなお値段でありながら、超望遠の600mm域まで撮影を楽しめる点は何よりも評価できると思います。勿論、テレ側の描写性能を高価な純正レンズと厳密に比較すれば、多少見劣りする面が有る事は致し方ありません。しかし、500mm以下の焦点レンジを使って極力ブレを抑えた撮影を心がければ、純正品に迫る素晴しい描写が得られる事が判りました。
その為に必須となる、効果的な手振れ補正機能が搭載されている点も嬉しいですね。D800と組合わせたAFスピードも非常に小気味良く、暗いシーンでも純正品と比較して全く遜色がありません。背景のボケ描写は柔らかく好感が持てます。この点はむしろ純正の大口径望遠ズームよりも、個人的には高評価かもしれません。

どんな条件でも常にパーフェクトな結果を出してくれる純正のズームとは違って、このレンズのクセを早く掴んでそれを積極的にフォローしてあげれば、このレンズはきっと期待に応えてくれる事と思います。
薄暗い舞台や夜間のショーの撮影では純正の大口径望遠ズームを使用し、日中の撮影条件でなるべく撮影倍率を稼ぎたいシーンではこのレンズという様に、効果的な使い分けを心がけて行きたいと思います。それでもやはりパークの常用レンズという純正の大口径望遠ズームのポジションは当分揺るがないですね。

しかし何よりパークでの撮影の可能性が大きく広がった事は、今回の新レンズ導入の最大の成果だと思います。



スポンサーサイト
00:30  |  Camera  |  Trackback(0)

今年のHKDL Halloween

2014.11.02 (Sun)

hkdl_141001b_1184.jpg


タッチの差で旬を過ぎてしまった感のある話題ですが、今年の香港DLのHalloweenのキャラ達をご紹介しましょう。ご覧の通り雰囲気はシーのマスカレードそのままですが、香港で見るとまた違った趣があるもので。。。笑
夏に引き続き、ファンタジーガーデンに隔離された形でのハロウィーングリ。ここだけは完全に、香港人と日本人ヲタさん達が集う、独特な雰囲気の漂う別世界と化しておりました 笑。
余談ながら、現在も続く香港の雨傘革命の影響で、ハロウィーンの期間中は大陸からのゲストも極端に減ってしまっており、久しぶりに(普通話の聞こえない)広東語に囲まれた平和なパークを体験する事が出来た事が印象に残っています。僕は完全に部外者の立場ですが、心から学生さん達の運動を応援したいと思います。
「我支持香港的自由、加油香港人!」 (こんな事を安心して書き込める様になった事も、感慨深いですが。。。)

さてそれでは本題にもどり、一挙にハロウィーンのキャラ達をご覧頂きましょう。


hkdl_141001b_1243.jpg

hkdl_141001b_0684.jpg

hkdl_141001b_0670.jpg

hkdl_141001b_0669.jpg

hkdl_141001b_0288.jpg

hkdl_141001b_0010.jpg

hkdl_141001b_0011.jpg

hkdl_141001b_0009.jpg

hkdl_141001b_1254.jpg

hkdl_141001b_1255.jpg

hkdl_141001b_0380.jpg

hkdl_141001b_0379.jpg

hkdl_141001a_0457.jpg

hkdl_141001a_0458.jpg

hkdl_141001b_1276.jpg

hkdl_141001b_1286.jpg

hkdl_141001b_1312.jpg

hkdl_141001b_1188.jpg

hkdl_141001b_1181.jpg

hkdl_141001b_0019.jpg

hkdl_141001b_0018.jpg

hkdl_141001a_0429.jpg

hkdl_141001a_0396.jpg

hkdl_141001b_1290.jpg

hkdl_141001a_0428.jpg

hkdl_141001b_0688.jpg

hkdl_141001b_0269.jpg

hkdl_141001b_0690.jpg

hkdl_141001b_1259.jpg

hkdl_141001b_1257.jpg

hkdl_141001b_1167.jpg

hkdl_141001a_0467.jpg

hkdl_141001a_0465.jpg

hkdl_141001a_0415.jpg

hkdl_141001b_0645.jpg

hkdl_141001b_0644.jpg

hkdl_141001b_0281.jpg


エンチャでは、なんと昨年のハロウィーンコスでミキミニ達が登場していました。このコスが近年稀に見る傑作コスである事に異存はありませんが、一昨年の真っ赤なスカーレットドレスのミニーさんを期待していただけに、ちょっぴり複雑な心境でした。もう一度あのミニーさんに逢いたい。。。

hkdl_141001c_0185.jpg

hkdl_141001c_0186.jpg

hkdl_141001c_0135.jpg

hkdl_141001c_0136.jpg


タウンスクウェアのガゼボでは、何と魔法使いの弟子がお出迎え中でした。期間限定との噂もあり、貴重なショットだと言えるかもしれませんね。

hkdl_141001a_0002.jpg

hkdl_141001a_0003.jpg



【キャラグリの撮影データ】

Nikon D800 AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR
Pモード(プログラムAE) ISO400、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
内蔵スピードライト併用、調光補正 -0.3 ~ -0.7
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE



22:55  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。