11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

クリスマス最高! 2

2012.12.13 (Thu)

hkdl_121201_0687.jpg

前回のトピックに続いて、今回もクリスマスの香港の様子を一挙に公開します。
今回ご紹介する写真は特記なき限り、AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR を使用して撮影しました。このレンズはいわゆる普及タイプの標準ズームなので、D800と組み合わせて使用する事には少々戸惑いがありました。しかし、上の写真をご覧頂いてもお判りのとおり、実に繊細で美しい描写を見せてくれています。一段ほど絞っていますが、点光源の乱れも殆どなくその描写力の高さに正直驚きました。(ISO6400で撮影)
これならば、D800と組み合わせても安心して使用出来そうですね (^^v

(今回もクリックして頂くと、全ての写真が大きなサイズでご覧頂けます)


hkdl_121202_0007.jpg

hkdl_121202_0008.jpg

hkdl_121202_0015.jpg

hkdl_121201_0563.jpg

今年の香港のクリスマスのコスは気合入っています 笑。ちょっぴりシーのウィッシュを彷彿とさせるデザインで、どのキャラもとても可愛いですね~ しかし、その中でもダントツなのが、ミニーさんとデジ姐さんのお2人だという事に異存はないでしょう (^^;
ここ数年、香港のクリスマスコスはちょっぴり手抜きふうが多かったので、今年の気合の入り方に嬉しい悲鳴を上げております 笑。 それにしてもこのミニーさんは本当に素敵だった。。。

そう言えば、グリの後ミニーさんとハグしたら「キスして!」と迫られてしまいまして、その時はあまり深く考えずに可愛いそのお鼻に優しくキスしたのですが。。。今考えると、それって結構凄い事ですよね (^^;  で、その後慌ててミッキーが「ミニーは僕のもの!」と、僕達の間に割って入ってきました。ミニーさんは「ふふふ。。。」ってな感じて、笑ってその様子をご覧になっておられました 笑。
今年の春に訪れた時には、「さぁ、私の手にキスしなさい」と言わんばかりに、グリの後に僕の前に手を差し伸べてこられた時もありました。当然その時はうやうやしく彼女の手を取り、手の甲にキスして差し上げました。まるで女王様の風格でしたよ (^^;

相変わらずの小悪魔っぷり。やりますねミニー姐さんは。。。


hkdl_121201_0555.jpg

エンポリアムで見かけた、クリスマスダッフィーのディスプレーです。あまりにも可愛いので思わずパチリと一枚。このサイズでは判りにくいので、是非クリックして大きなサイズでご覧下さい。ダッフィーの柔らかい毛並みと、背景のボケの柔らかさが印象的な一枚に仕上がりました。


hkdl_121201_0711.jpg

この写真はD800の描写力の高さを端的に表していると思います。3600万画素の余裕ある画素数が生み出す緻密な描写がお判り頂けるでしょうか?色再現も鮮やかで、ノイズも殆ど気になりません。D800がここまで夜間撮影が得意だとは、正直なところ使用してみるまで想像がつきませんでした。(ISO6400で撮影)
正に嬉しい誤算ってやつでしょうね、


hkdl_121201_0708.jpg

hkdl_121201_0619.jpg

舞浜のクリスマスほどお金はかかっていませんが、その分よりアットホームな感じでなんだか懐かしく優しい気持ちになる、そんな香港のクリスマスなのです。
この写真は、ツリー点灯式の前座で登場するアカペラのお姉さんです。とても美しい歌声でした。。。


hkdl_121201_0639.jpg

hkdl_121201_0666.jpg

hkdl_121201_0669.jpg

hkdl_121201_0678.jpg

クリスマス点灯式に登場するミキミニです。これらの写真だけは、AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR で撮影しています。
さてこの点灯式なのですが。。。みょ-に暗い(点灯式なので当たり前といえばそれまでなんですけどね)の上に、大きなフロートに乗ってキャラがやってくるので、非常に写真が撮りにくい。その上、この真っ赤なサンタさんコスは、どうもインパクトに欠ける感じがしてしまって。。。
これで、例えば今年のグリーティングのコスだったら、もっと見栄えがするショーになるんでしょうけど。そんな訳で、毎年このショーはイマイチ不完全燃焼感が残るびみょーなショーなのです (^^;
(ISO6400で撮影)


hkdl_121202_0344.jpg

hkdl_121202_0329.jpg

さてさて、毎度お楽しみのエンチャのキャラダイです 笑。昔は「大人どうしでキャラダイなんて、どうも照れくさくって。。。」などと言っていた僕達なのですが、もう最近はエンチャの大ファン (^^; 今年も、香港のお友達と一緒に楽しんできました。
しかし、今回は大陸のゲストで結構混雑しており、ミキミニはあちこちのテーブルでひっぱりだこ。。。そんな訳でお2人ともかなり疲労気味な上に、二時間以上の間に一回しか廻って来てもらえませんでした。仕方ないですね、残念でしたけど。前回のハロウィンがあまりにもまったりとした雰囲気で、これ以上無い位にミニーさん達と触れ合えただけに、やっぱり落胆の気分は拭えませんでした。。。

まぁ、たまにはこういう事もあるという事です。大人なんだから、我慢がまんと。。。(^^;


hkdl_121202_0315.jpg

hkdl_121202_0318.jpg

しかし、そんな気分を吹き飛ばしてくれるのが、毎度毎度超フレンドリーなプルート。今回は特に彼に気に入られてしまって、僕達のテーブルのそばを通る旅に、ハグ、ハグ、ハグ。。。の大サービス。挙句の果てに、こんな恥かしいポーズまで取らされて、周囲のテーブルから笑いの的となったのでした 笑
ところで、プルートには世界中のパークで会っていますが、どこのパークでも例外なく気に入られてしまうのは、何か理由があるのでしょうか。。。(^^;


hkdl_121202_0209.jpg

hkdl_121202_0212.jpg

最後はおまけで、ゴールデンミッキーから何枚かご紹介します。
もういい加減撮影し飽きた(?)感もあるこのショーなんですが、今回は高感度撮影のテストを兼ねて久しぶりのトライです。で、出来上がった写真を見て驚きました!
まずノイズの少なさは当然として、ミニーさんの白いドレスの質感が見事に再現されていたからなんです。これまでにも何度もこのシーンは撮影していますが、イマイチ甘い描写の写真ばかりでした。それが今回は見事にシャープで解像感の高い描写が得られた事に、改めてD800のポテンシャルの高さを思い知らされた結果となりました。(ISO6400で撮影)
良いカメラを使うと、やっぱり腕が上がったのかと錯覚してしまいます。。。(^^;


hkdl_121202_0238.jpg

hkdl_121202_0246.jpg

hkdl_121202_0262.jpg

hkdl_121202_0269.jpg

大好きな「美女と野獣」のシーンです。この写真も是非大きなサイズでご覧頂きたいのですが、ベルの露出とホワイトバランスが絶妙に仕上がっています。ドレスの描写も繊細で実にシャープ。
これまでなかなか思うように撮影できなかったシーンが、こうも簡単に撮影できてしまうとは。。。全くD800には脱帽しました。(ISO6400で撮影)


hkdl_121202_0294.jpg

hkdl_121202_0298.jpg

hkdl_121202_0303.jpg

今回のゴールデンミッキーでは、普段なかなか反応をもらえないツンデレのゴールデン・ミニーさんに、しっかりと反応をもらってご機嫌な気分でショーを見終える事が出来ました。(ISO6400で撮影)ここには写真は載せませんでしたが、スティッチからも強烈な反応をもらってしまった。。。噂では、ミニーさん≒スティッチらしいのだけれど。。。
まぁ、この話題は色々と差し障りもありそうなので、この辺で止めときます (^^;

何はともあれ、今回もとても楽しく充実した滞在でした。



スポンサーサイト
19:25  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)

クリスマス最高!

2012.12.07 (Fri)

hkdl_121201_0086.jpg

と言っても、舞浜のクリスマスではありません。。。笑
相変わらずの香港から、まずはクリスマスのミニパレードです。昨年から始まったこのミニパレですが、ミニーさんの衣装がミニヲタさんには堪りませんね。

そんな訳で、今回はミニーさんを中心にこのミニパレのお写真を一挙に公開したいと思います。なお、今回の撮影に使用したレンズは、全てNikon D800 + AF-S Nikkor 70-200mm f/2.8G ED VR です。
(全ての写真は、クリックすると大きなサイズでご覧頂けます)
では、ごゆっくりどうぞ。。。


hkdl_121201_0090.jpg

hkdl_121201_0102.jpg

hkdl_121201_0110.jpg

hkdl_121201_0118.jpg

hkdl_121201_0121.jpg

hkdl_121201_0146.jpg

hkdl_121201_0156.jpg

hkdl_121201_0159.jpg

hkdl_121201_0125.jpg

これらの写真を撮影している時、ミニーさんとファインダーを通じて繋がっている感覚が確かにありました。これってなかなか上手く表現できませんが、撮影する方とされる方とがお互いに気持ちを通じ合っている感じ、と言えばお判り頂けるでしょうか?
だいぶ前のことになりますが、有名な某女性写真家が「良い写真が撮れるというのは、ファインダーを通じて被写体と対話出来る事なのだ。」と語っていたのを見た記憶があります。それって、この感覚にかなり近いのでは?と思う訳なのであります。


hkdl_121201_0214.jpg

hkdl_121201_0219.jpg

hkdl_121201_0225.jpg

hkdl_121201_0238.jpg

hkdl_121201_0464.jpg

hkdl_121201_0469.jpg

hkdl_121201_0476.jpg

hkdl_121201_0472.jpg

hkdl_121201_0052.jpg

hkdl_121202_0066.jpg

hkdl_121202_0141.jpg

hkdl_121202_0168.jpg

hkdl_121202_0185.jpg

夜は夜で、独特の華やかさ(艶やかさ)が出て来て何とも言えませんね。フラッシュを併用していますが、フラッシュ特有のどぎつい写りにならずに、周囲の明るさとのバランスが取れていて、実に良い雰囲気に仕上がりました。ニコンのフラッシュ調光精度は、他社に比べ非常に優れていると言われており、プロの間でも高く評価されているそうです。今回新たにD800と共に導入した、スピードライトSB700の威力が、如何なく発揮されたようです。

良いカメラを使用すると、自分の腕が急に上がったような錯覚に陥ってしまって困りますね。。。笑



21:36  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。