02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

驚きのテスト結果

2012.03.24 (Sat)

最近D800関連の記事ばかり連続していて申し訳ありません 笑。
私自身興奮冷めやらずという感じなので、いましばらくお付き合い下さい。
(カメラに興味の無い方は、スルーして下さいね)

いつも拝見しているデジカメ関係の情報サイト「デジカメinfo」さんに、非常に興味
深い記事が掲載されています。(詳細はこちら↓)

「ニコンD800がDxOMarkでトップのスコア(95)をマーク」の記事へのリンク
 

記事の内容を要約すると、海外で最も信頼されているデジタル機器の独立試験機関の
1つである Dxo研究所で実施されたデジタルカメラのセンサー性能テストにおいて、
D800のが歴代最高得点の95点を獲得して、第一位に輝きました(驚き!)

この結果は、一台数百万円もする最高級の中版デジタルカメラも抜き去る、驚きの
性能という事で、世界中のプロカメラマンやカメラ業界関係者が注目している様子です。
これまでの常識では、画素数が増えれば増えるほど高感度特性は低下し、ダイナミック
レンジも狭くなると思われて来た事が、見事に覆されてしまったのですから当然ですね。
勿論このテスト結果は、試験室の環境で得られたセンサーの性能値なので、即カメラの
性能や画質を表している訳では無い事に注意する必要はあります。

しかし、それを差し引いて考えてもこの結果には、ただただ驚かされます。。。
しかも35mmフルサイズのデジタルカメラで比較すると、何と上位5機種全てが
Nikon機で占められているという事実は、何とも感慨深いものがあります。
「デジタルではCanonにかなわない」と言われ続けた時代とは、隔世の感がありますね。

即ち、最近のNikonを観ていると、センサーの開発と設計を自社で行い、製造を専門の
センサーメーカーへ外注するというやり方が、極めて上手く行っている事が判ります。
私も物つくりの仕事に関わっているので、これは実感として十分に理解出来ます。

つまり現在の世界的な常識では、自社で全てを製造するのではなく、世界中でもっとも
品質と価格的に優れたメーカーに製造させ、より良い部品をより安く調達するという
考え方が主流になっているという事なんです。いわゆるファブレスという考え方ですね。
Nikonも以前自社でセンサーを製造しようとして失敗した経験を活かし、いち早く
そうした考え方に切り替えた事が、現在の成功要因なのだと思います。

それにしても、D800は殆ど死角のない万能機だと思うのは私だけではないでしょう。
高感度にも比較的強く、高度なAFとそこそこの連写性能、FXとDXモードどちらにも使い
分けが出来る十分な画素数。
しかも、最高のレンズと最高の撮影テクニックがあれば、中版カメラにも迫る超高画質が
得られる実力をあわせ持っているわけです。このアドバンテージは大きいです。
(ただし、これ↑は私の実力ではちょっと望めないかもですが。。。笑)
おまけに、動画性能はプロユースを睨んで大幅に強化されているといった具合です。

何だかNikonの回し者みたいな感じになってしまいましたが、それ位このカメラは
近年まれにみる傑作機だと思っています。

夏までには手に入れたいと思っていますが、現在の品薄状態はいつ解消される事か。。。
しばらくは指をくわえて、Nikonファン達のお祭り騒ぎを見物するしかありませんね 笑。





スポンサーサイト
10:24  |  Camera  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。