01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

Nikon D800

2012.02.12 (Sun)

d800.jpg

かねてより噂されていた、ニコンの新しいフルサイズデジタル一眼のD800が
正式に発表されました。
その内容に、ファンの間では衝撃が走っていると言っても過言ではありません。
かく言う僕も、真剣にこのカメラの購入を考えています。

Nikon D800の公式サイト
 

実は、先行して発表になったニコンの新しいフラッグシップD4の内容を見て、
型落ちで安くなった、一世代前のフラッグシップD3sの導入を検討中でした。
理由はいろいろとありますが。。。

・現在愛用中のD3100は大きな不満は無いものの、AF性能の弱さを感じている点。
特に、暗いショーやパレードでは、AFが迷ってシャッターチャンスを逃す事も
しばしばだった。

・D3100ではシャッタータイムラグがやや大きく連写速度も低いので、動きの
早いショーなどでは、どうしても限界を感じてしまう。

・パークの風景などをじっくり撮影したい場合、やはりDXフォーマットでは
画角が足りず、物足りなさを感じている。


D3sは確かに良いカメラなのですが、やはり一世代前の技術だと言う点と、画素
数が1200万画素だと言う点で、いまひとつ踏み切れずにいたのでした。。。
つまり、遠方のショーなどの撮影ではDXモード(1.5倍)で撮影する事が多く
そうなると、有効画素数が600万画素程度まで下がってしまうからです。

そんな所へ今度はD800の発表です。正直驚きました!
ある意味、僕が必要としている機能や仕様が、すべてつぎ込まれている、そんな
感じのカメラだったからです。
もともと僕は、無意味な多画素化競争には否定的な立場を取っているのですが、
こうした形での製品化なら、大いに歓迎したいと思います。

D800の内容をご存知ない方の為に簡単にご紹介しますと。。。

1.まず何と言っても、フルサイズ一眼では現在世界最高となる3600万画素の
新設計イメージセンサー(DXクロップ時でも1600万画素相当を確保出来る)

2.常用ISO感度は100-6400(D3100からは上下に1段拡張されている)
拡張でISO 50-25600までの、増減感も可能。

3.D4と全く同じ51点の新開発のAFシステム。これが一番嬉しい点。
-2EVという極限の暗さでもAFが可能。しかも開放F8のレンズでも高精度で
素早いAFを実現。望遠ズームにテレコンを多用する、暗い夜間のショー撮影
等に、大きな威力を発揮しそうです。

4.シャッタータイムラグは、D4と同じ0.042秒(世界最速)
これも非常に歓迎したい、優れた特徴の一つです。

5.測光系もD4と全く同じ、新開発91KピクセルのRGBセンサーによる
アドバンストシーン認識システム。これにより、ライブビューでなくても
顔認識が働き、より正確な測光が可能となる。

6.連写速度は通常で4コマ/秒。DXクロップで最大6コマ/秒。
もう少々連写速度があれば言う事無しですが、パークでの撮影ならば
実質十分なのかもしれません。

7.マグネシウム合金による、高品位な防塵・防滴構造のボディー。
これもD3100には無い、大きな特徴で大歓迎!従来クールなどの水撒き
ショーでは、カメラへの配慮でシャッターチャンスを散々逃してきました
から、これは大きな武器になりそう。

8.ガラスプリズムを採用した視野率約100%のファインダー。
92万ドット 3.2インチの大型液晶モニター(D4と同じ)
D3100のチープなファインダーとは比較になりませんね 笑。

9.大幅に強化された動画撮影機能。
これは、自分の撮影スタイルからすると、それほど必要性を感じませんが
その出来次第では、今後大いに活用できる可能性を秘めていますね。
(ショーなどの動画撮影用途として)


そして一番の驚きは、これだけの本格的仕様を詰め込んで、実版価格は
約27万円(D4は約60万、D3sは約43万)という驚きのプライスだという事です。
更に、公式ページの作例サンプルを観る限り、これまでのニコン機ではやや
不満が残った女性の肌色再現もかなり改善されて、透明感のあるナチュラルな
色再現となっている様です。

自分の撮影スタイルを考えた場合、3600万画素は明らかにオーバースペック
なのですが、それ以外の内容があまりにも良い為、それを相殺して余りある
魅力あるカメラですね。
ショーやパレードなどの通常撮影ではDXモードで撮影し、風景などをじっくりと
撮影したい場合には、FX(フルサイズ)モードでの撮影と、使い分けが必要かも
しれません。
(本来そうした使用を想定したカメラでは無い事は十分承知していますが。。。)

幸い、一世代前のレンズになりますが、純正のF2.8の17-35広角ズームと、F2.8の
70-200VRズーム、300mmF4のレンズラインナップがあるので、当面はこの組み
合わせで、実用的には問題はなさそうです。
そして、現在の愛機D3100は、グリやお散歩専用のサブ機として、引き続き
活躍してもらうつもりです。

ただ、唯一の心配事。。。それはあまりにも人気沸騰しすぎて、入手困難になる
事が予想されることでしょうか 笑。

4年前にカメラ業界を震撼させた「D3ショック」の時も正にそうでしたが、
今回もニコンの本気度には、嬉しい悲鳴を上げさせられてしまいますね。
こうした事実を見るにつけ、やはりカメラ業界の盟主として、業界の方向性を
決定し続けるのは、いつの時代もニコンなのだという事です。

これからもニコンには、真に価値ある製品を開発し業界を先導しつづけて欲しい
とそう思います。




17:32  |  Camera  |  Trackback(0)

HKDLの春節(お正月)

2012.02.02 (Thu)

hkdl_120119_0242.jpg

ちょっといつもと違った、インパクトある画像から今回はスタート 笑
エンチャンテッドガーデンのプルートです。
とってもフレンドリーで可愛いプルートでした。いきなり「ちょこん」とお座り
したかと思うと、「上から写真撮って!」のゼスチュア。
言われるままに撮影したら、こんなインパクトある一枚が撮れました。
本当にプルートとは相性が良くって、世界中どこのパークへ行っても、何故か
プルートにはメチャクチャ好かれてしまうのです 笑。


そんな訳で。。。
中国の春節(旧正月)のお休みを利用して、またまた香港DLを訪れました。
よく飽きないねぇ。。。との周囲の呆れをものともせず、大満足の滞在でした。
それでは、そんな今回の旅行の写真を順番にご紹介していきましょう!

まずは、プルートに引き続きエンチャのキャラダイの様子から。


hkdl_120119_0252.jpg

このグーフィーは悪戯好きのやんちゃ坊主で、僕達のテーブルの上に置いてあった
ミキミニのぬいばを見つけるなり、ミニーを手に取りチュー (こらこら!)
一方ミッキーのぬいばは、テーブルの上に放り投げチョップ (こらこら!)
挙句の果てに、ミッキーの上にシュガーポットを載せて、「うひょひょ~!」と
お腹を抱えて大笑い。(あのね~。。。)
慌ててそれをどけようとすると「ダメ、ダメ。そのままにしておく様に!」と
言い渡して、またお腹を抱えながら僕達のテーブルを去って行きました 笑

で、こちらが彼の去った後の、テーブルの様子。
やりたい放題のグーさんでした 笑

hkdl_120119_0253.jpg


そんなひどい仕打ちを受けたとも知らないミッキーが、ご機嫌で登場!
社長!そんな能天気に新年のご挨拶なんてしてる場合じゃないですよ 笑

hkdl_120119_0254.jpg

hkdl_120119_0263.jpg

今回はお友達のお誕生ディナーだったので、バースデーケーキとミッキーをリクエスト。
ミッキーと一緒にケーキカットをして、ご機嫌のお友達を囲んでの記念撮影。
エンチャはこれがあるから、止められないんだよね。
7月の自分の誕生日には、今度こそミニーさんをリクエストしなくては 笑。


hkdl_120119_0283.jpg

さて、いよいよお待ちかねのミニー嬢が登場!
チャイナドレス姿も艶やかに、あたりに一際存在感を放ってのご登場です。
当然彼女はあちこちのテーブルでひっぱりだこ。おまけに、近くのテーブルでは
香港人のカップルのプロポーズにまで駆り出されて、大忙しのミニーさんでした。

hkdl_120119_0287.jpg

我が家の奥方(片言の広東語を操る)が、「彼はミニーちゃんが大好きなんだよ~」と
広東語で言ったものだから、ミニーさんは大喜び 笑
何度も熱い抱擁を交わして、僕の手を取り「ぴょん、ぴょん」飛び跳ねて喜んでくれました。
とっても嬉しい反面、「さて、この後一体どういう展開へ持っていけば良いのやら。。。」と
ちょっぴり困ってしまいましたよ 笑 
なにしろ、こういう状況に慣れていないもんで。。。
周囲の大陸人のゲスト達から、相当イタイ日本人に見られたんだろうなぁ。


hkdl_120119_0315.jpg

hkdl_120119_0305.jpg

すっかり僕の事を覚えてくれたミニーさん。ゲストが帰り始めて落ち着いてくると
店内のあちらこちらで、自主的モデル撮影状態へ突入して下さいました 笑
いや~、幸せ、幸せ。こんな喜びも、香港ならではですね。


hkdl_120125_0001.jpg

hkdl_120125_0000.jpg

ここからは、春節ならではのお楽しみ。
チャイニーズ衣装のキャラグリの様子をご紹介します。
まずは、こちらが今年のミキミニ。
今年の衣装はキュートなデザインで、とても可愛らしいかったです。
昨夜の大人っぽいチャイナドレスも良いけれど、こんなキュートな
デザインも大好きです。


hkdl_120125_0026.jpg

滞在中たった一度しか会えなかったチーデー。
今回もちょっぴり投げやり感の漂うデールでしたが、グリの後は濃厚なハグ。
このギャップがクセになる 笑。


hkdl_120125_0100.jpg

グー・プルコンビのグリも、なかなか遭遇できずにやっとこさ
捕まえました。


hkdl_120125_0105.jpg

今年は龍年という事で、ムシューも登場。


hkdl_120119_0035.jpg

チャイニーズ衣装のダッフィーって、良く考えると貴重だよねぇ。
ちなみにこの衣装は、Sサイズ用として販売しておりました。
当然ご購入。


hkdl_120119_0162.jpg

このグーさんは、えらくカッコ良かった!
熱心なグーファンがいる事も納得できますね。
そういえば、ファンタジーガーデンは、何故かグーさんだけがチャイニーズの
衣装を着ていたなぁ。他のキャラはみんなノーマルだったのに。。。


hkdl_120119_0197.jpg

hkdl_120119_0190.jpg

そして、今回一番レアだったのがこのデイジー嬢。
ただでさえ香港ではデイジーの遭遇率が低い上に、今回はグリにもなかなか
登場せず半ば諦めかけていた所、ようやくこのディジーを捕まえる事が出来ました!
この衣装も今年の新衣装ですからね。会えて本当によかった。
とっても可愛いディジーでした 笑。


hkdl_120125_0115.jpg

さて、この辺で春節ならではのお写真も、ちょっぴりご紹介。
まず、毎年お正月恒例のドラゴンダンス。
今年は龍年なのだから、もうちょっと一ひねり欲しい所だったかもね。。。
せめて、春節のキャラ達が一緒に練り歩いてくれるだけでも、華やかな印象に
なったと思うのだけど。。。


hkdl_120119_0235.jpg

こちらは、ランドホテルのロビーの様子。
なかなか見事なお正月飾りでした。


hkdl_120119_0092.jpg

フライト・オブ・ファンタジーパレードは、やっぱり通常バージョン。
でも今回は日本から濃いヲタさん達が全くインパされていなかったお陰で
ミニーさんの反応を独占させて頂けました 笑


hkdl_120125_0144.jpg

そして最後はやっぱりこちら。
ファンタジーガーデンのグリはノーマルの水玉さんでしたが、たまたま僕達が
訪れた時は、何と待ち時間ゼロ!
キャストさんと暇そうにしていたミニーさんを、独占する事が出来ました。

ここでも

「彼はあなたが大好きなんだよ~」
      ↓
熱いハグとぴょんぴょん飛び跳ねて喜びを表現
      
のパターンを堪能してまいりました 笑
やっぱり水玉さんはキュートですね。




08:04  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)
 | HOME |