11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

クリスマスですねぇ

2011.12.24 (Sat)

はやいもので、もうクリスマス。今年もあと一週間で終わりです。
結局今年の舞浜のクリスマスは、見られずに終わってしまったなぁ。。。
その代わり来週はHKDLへ行って、クリスマスとカウントダウンを一緒に
楽しんできます!(香港は来年の2日までクリスマス継続中なのだ)

久々にミュージカルの話題など。
待ちに待った来年の東宝ミュージカル「エリザベート」のキャストが正式
発表になりました。(詳細はこちら↓)

東宝エリザベート公式ページ

僕はこのミュージカルが本当に大好きで、過去にもこのブログで何度も何度も
しつこい位にこのミュージカルの魅力にふれています 笑
楽しみにしていたんですよねぇ。発表を今か今かと待ち望んで来ました。
来年は大幅にキャストも変わって、昔ながらの顔ぶれと全くの新しい役者さん
とのコラボレーションが、どんな魅力を魅せてくれるのか本当に楽しみです。

そんな中で、何と言っても一番の驚きは「黄泉の帝王トート」閣下。
初代からの演じ続けている山口さん、前回から加わった石丸さんに加え、何と
ウィーンのオリジナルメンバーである「マテ・カマラス」さんが初参加!!
思わず「何ぃ~!マテトートだと!」と思ってしまいましたよ。

数年前大阪の「梅田芸術劇場」で、ウィーン版エリザベートが上演された時に
トート役で来日されて以来、ちょこちょこと日本の舞台に立たれていたのだけれど。。。
まさかのトート役で登場とは、日本中のエリザファンの度肝を抜いてくれました 笑
これは正に大番狂わせ、超異色のキャスティングですよ。

自分の中ではベスト・トートと言える、妖しくも圧倒的な存在感と歌唱力の山口さん。
前回は初演という事で、ちょっと線の細い儚げなトートを演じた完全主義の石丸さん。
そしてウィーン版の舞台では、70年代のロックシンガーばり(デイビッドボウイふう?)の
ギンギラの衣装で舞台狭しと駆け回る、ヤンチャ坊主のマテトート(我が家ではこれを
ウキキトートと呼ぶ。元気なお猿さんみたいだからね 笑)
いやー、楽しみですな。
そもそも、マテさん何語で演じるのだろう。まさかのドイツ語字幕つきだったりして。
それとも今頃日本語猛特訓中なのだろうか?トートは出番が多いからね。大変でしょう。

もう1つ、上にも書いた通りウィーン版のオリジナルの世界観と、日本版の小池先生が
演出する世界観は結構違っていて、その最たるものがトートの解釈なのです。
日本版は元々宝塚版(これも小池先生が演出)から始まったので、トートは妖しくも
美しい黄泉の帝王として、そのキャラクターが確立しているのですが。。。
果たして、マテさんもこの路線を踏襲するのでしょうか?それはそれで、新しいマテ
トートが確立されそうで楽しみではあります。(ちょっとイメージわかないけどね)
それとも、まさかウィーン版そのままのウキキトートがいよいよ東宝の舞台に登場か!?

来年はなんとしても、土日を利用してエリザ観劇の為に一時帰国をしなくては。。。笑
それと、上海と福岡って目と鼻の先なので、博多座公演も見てみたい。
博多で美味しいもの食べて、エリザ見て。。。と楽しみは尽きませんね。





スポンサーサイト
09:05  |  Musical  |  Trackback(0)

いろいろなこと

2011.12.11 (Sun)

hkdl111001_0351.jpg
(本文とは全く関係ありません。HKDLホテルのロビーで撮影したひとコマ)

今日は奥さんと一緒に上海の美容室へ行ってみました。
日本式美容室と宣伝しているだけあって、システムも雰囲気も日本の美容室と
全く一緒です。唯一違うのがスタッフがみな中国人だという点 笑。
幸い日本語の出来る美容師さんがいるので、最低限のコミュニケーションは
とることが出来ます。

今日は思い切ってヘアカラーもお願いしてみました。仕上がりはちょっと
落ち着いた栗色といった感じで、本人はなかなか気に入っています 笑
カットとカラーとトリートメントがセットになって398RMB(約4800円)
ですから、かなりリーズナブルですよね。
担当してくれた中国人のスタイリストさんも、とても丁寧な仕事ぶりで満足しました。
こらからも、定期的にここでカラーとカットをお願いしようかと思っています。
奥さんの方は、カットとストレートパーマとトリートメントで498RMB(約6000円)でした。
ちなみにお店の場所は、地下鉄四号線「藍村路」の駅すぐ近くです。


さて、話は全く変わりますが、久しぶりにカメラ関係の事でも書いてみましょうか。
自分がいま一番関心がある事といえば、Nikonの次期フラッグシップとなるD4の
発表時期とそのスペックについてです。
当初は今年の11月発表の噂が有力視されていましたが、どうやらタイの洪水の影響で
延期されてしまったみたいです。(Nikonもタイに主力工場がありますからね)

来年はロンドンオリンピックの開催年ですから、D4はこれに焦点を合わせて発表されて
来ることは間違いありません。幸いな事に来年1月発表との噂も聞こえ始めてきましたから、
もう少しの辛抱ですね。
僕には個人的な偏見(というか強い思い込み)があって、それは報道やスポーツの分野
では、Nikonがプロ機を席捲しているべきだとの思いがあります。
そして、現行のNikonのフラッグシップであるD3sが登場した事で、現在のプロ用
デジタルカメラの方向性が、はっきりと定まったと考えています。
つまり、数年前までは「画素数優先」の開発方針を明確にしていたCanonまでが
新しいフラッグシップのEOS1Dxで、D3sと同じ高感度・高速連写機に方向転換を
して、Nikonに追従して来た事からもこれは明らかです。

余談ですが、この1Dxは10月に発表され発売がなんと半年後の来年3月という、異例の
カメラでもあります。これには色々と憶測が飛び交っていますが、果たして本当の理由は
何なのでしょうか。。。?
これまでは、他メーカーの発表を待って後からより優れたスペックのカメラを出す事を得意
として来たCanonだけに、今回の6ヶ月前の異例な早だしジャンケンには、きっと何か
裏があるに違いない、と思っているのは僕だけではないでしょう。
もし、Canonが今回絶対にNikon負けない自信があるのなら、D4の発表を待って
その直後に1Dxの発表を行ったほうが、戦略的に絶対有利だと思うのですけどね。。。
これはひょっとして。。。。?


色々と支障もあるでしょうから、妄想はこれくらいにしておきましょう 笑
NikonD4の発表が本当に楽しみな今日この頃です。






00:09  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)

12月の上海から

2011.12.04 (Sun)

hkdl111001_0077-1.jpg

12月に入りました。一年は本当に早い。
光陰矢のごとしとは、昔の人はよく言ったものです。
今年はびっくりするくらい、自分の生活と仕事環境が激変した一年でした。
幸い上海での仕事も生活も順調で、ありがたい事だと感謝しています。

ところで、今年の年末年始は香港で迎える事になりそうです。
本当は来年の旧正月(春節)まで香港はおあずけのの予定でしたが、とうとう
我慢しきれず、滑り込みで香港ツアーを申し込んでしまいました 笑
(今年のHKDLのクリスマスのミニーさんを、ネット上で見てしまったのが
運のつきでした。。。あれは見逃すわけにはいかないね)

いつもなら、航空券とホテルを別々に手配して、ホテルはディズニーハリウッド
ホテルが常宿となるパターンなのですが、当然年末年始は全て満室。
仕方なく、不本意ながらホテルと航空券のパッケージツアーを申し込みました。
ホテルは香港島のアイランド・シャングリラ・ホテル。
本当はもっとHKDLに近いロケーションのホテルを選びたかったのだけれど
現時点で予約の取れるホテルは非常に限られていて。。。
結局、自分でもびっくりするくらいの、最高級クラスのホテルに泊まる事に
なりました。ま、今年一年頑張った自分へのご褒美という事で 笑

でもたまにはこんなちょっと贅沢なホテルで、香港のニューイヤーカウント
ダウンを迎えるのも良いかもね。
考えてみると香港でカウントダウンって、なんと14年ぶり。。。!
ビクトリアハーバーで熱狂的なカウントダウンに参加するのもよし。
はたまた、ディズニーリゾート内のカウントダウンにも興味津々。。。今から心は
すっかり年末の香港です 笑

さて、添付の写真は、近所のスタバで奥さんが買ってきたクリスマスデザート。
大きさと雰囲気が可愛いので、我が家のちびベア達を入れてみたらぴったり!
書斎のデスク上で、今も愛嬌をふりまいてくれています 笑






12:34  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。