10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ただいま、写真整理中。。。

2009.11.29 (Sun)

ふと思い立つところがあって、TDRで撮り貯めた過去の写真を大整理中です。

自分は外付けのHDDにこれまでの写真をすべて保存しています。これだと一度
HDDがクラッシュしてしまうと、全ての写真がオシャカになってしまうリスクが
ある訳で、実はずっとその恐怖に怯えていました(笑)
そこで、いい加減HDDの肥やしと化している死蔵写真を整理し、HDDシェイプアップと
必要な写真をDVDへバックアップしようという事で、ようやく重い腰をあげて作業が
始まったという訳なのでした。(^^;

昔はNikon F5というフィルム一眼を愛用していたのですが、2005年の夏に初めて
デジタル一眼を導入。当時愛用していたのは、Nikon D70でした。
今回このD70時代の作品群を中心に作業していて、まぁ懐かしいやら、いろんな
意味で驚くやらで、楽しいひと時を過ごしながら写真整理を進めています。

一番驚くのは、やっぱりミニーのお顔が現在と全然違う事ですかね(笑)
当時はこのお顔が可愛いと思っていたわけですが、現在の目でみるとちょっと間が
抜けて見えてしまうのは、自分だけではないでしょう。
(今年訪れたパリのミニーが、正にこのお顔でしたけどね。。。)

当時のNikonの画つくりの考え方が今と全く違っていて、レタッチを前提とした
素材重視の画像でした。なので、何となく色もぱっとせず、眠い感じのする
写真が多い事にも、今更ながら驚きました。
この点に関して言えば、現在愛用しているD40のありがたさを再認識させられました。
(D40なら、撮って出しのJpegで、そのままリサイズしてかる?くシャープネスを
かければOKなので本当に楽です)

もう一つ、当時はNikonの純正高級ズームを持っておらず、某レンズメーカーの
竹ズームを使っていたことも、画の眠さに拍車をかけていたのかもしれません。

そして、自分で言うのも何なのですが、やっぱり5年も前だと写真の腕前の方も
何と無く危なげな印象がり、この点もちょっと驚きでした。。。(笑)
まぁ、今だって決して満足行く腕前だとは言いませんけどね。でも、5年間の
時間の流れは、無駄では無かったのかな?なんて、一人で納得しております(^^;

そんな昔の写真を幾つかご紹介してみましょうか。
なんだかんだ言っても、昔のショーの写真を見直すのはやっぱり懐かしいものですね。
そのうち気が向いたら、本館のMinnie Photo Gallery で、昔のショーの写真を再アップ
してみようかな。


■ ミニーのナットクラッカー (シー2005年クリスマス)

バレエ「くるみ割り人形」のテーマを引用したオリジナルショー。音楽も随所に
くるみ割り人形のメロディーがちりばめられていて、ちょっと格調高い雰囲気が
漂っていた、大好きなショーでした。
何と言っても、ミキミニの華麗なスケートシーン(ミニーは「金平糖の精」に扮して
います)が、特に印象に残っています。

Christmas1127_036.jpg

Christmas1211_086.jpg

Christmas1123263.jpg


■ クリスマス・ファンタジー (ランド2006年)

シンデレラ城の裏で毎日行われていたグリーティングのワンシーン。
全員モフモフ系のコスでとても可愛いグリでした。

tdl061216036.jpg


■ ニューイヤー (シー2006年)

昔はシーのWFPで、こんな豪華なお正月ショーを開催していたんですね。
この振袖ミニーは実に素敵でした。

NY_060105_099.jpg

NY_060105_152.jpg


■ リズム・オブ・ワールド(シー 2005年?2007年)

もはや伝説のショーという評価がふさわしい、シーの傑作ショーです。
毎年早春の閑散期に、毎週の様にシーに通って踊った記憶があります。
是非復活してほしい、最高に楽しいショーでした。

rhythm_0205_182.jpg

rhythm0325003.jpg

DSC_0856.jpg


■ Wish (シー 2005年)

当時は秋のシーでハロウィンの代わりに、毎年テーマを変えて「ドラマティック・ディズニー
シー」というスペシャルイベントが開催されていました。
この「Wish」は1995年秋に公開されたミニーが主役のショーです。

Disney_051012098.jpg


■ ポルトパラディーソ・ウォーター・カーニバル (シー 2005年)

現在のミシカの前にシーで連日開催されていた、常設ショー。
このミニー姫が懐かしいですね(笑)

rhythm_0205_368.jpg


■ セイル・アウェイ (シー 2006年)

現在のオーバーの前にドッグサイドステージで連日開催されていたショー。
その中でも印象に残っているのが、この「ミニー・ザ・マーメイド」
個人的には現在のオーバーよりも、このセイルの方が、完成度も高くて
お気に入りでした。

Sail060522151.jpg

なんだか、こうやって見てみるとシーのショーばかりですね(笑)





スポンサーサイト
22:05  |  その他の Disney  |  Trackback(0)

今日の舞浜

2009.11.23 (Mon)

素晴らしい秋晴れに恵まれた三連休の最終日。
お天気に誘われるようにして、舞浜を訪れました。

久しぶりに写真日記ふうに行ってみたいと思います。

tdr091123_0013.jpg

tdr091123_0041.jpg

10時に舞浜到着。まず目指すのはランドのクリパレです。
今日はお天気も最高なので、良い写真がたくさん撮れそうな予感に誘われて
立見席をキープ。
しかし、結果はイマイチでした?。このパレード難しいです (T^T)
やっぱりあの柵が邪魔ですね。。。それと、ミニーもなかなか可愛い表情を見せて
くれない気がします。
ひょっとすると、スケートでコケない様にミニーも必死なのかもしれません(笑)


tdr091123_0097.jpg

tdr091123_0105.jpg

替わりにと言ってはなんですが、今日は初めてクリパレでチップの気に入った写真が
撮影出来ました。
前回はデール特集になってしまったので、今日はチップ特集で行ってみましょうか。


tdr091123_0134.jpg

tdr091123_0137.jpg

その後はシーへ移動。
丁度エント整列グリでミッキーが居ました!この衣装大好きなのです。
確かホリデー・イン・ニューヨークの衣装ですね。ミニーとおそろいです。
しかし、残念ながらこの時ミニーには合えませんでした。。。


tdr091123_0143.jpg

tdr091123_0148.jpg

tdr091123_0208.jpg

tdr091123_0214.jpg

tdr091123_0227.jpg

次はBBBの抽選です。
今のところ4連敗中(泣) 果たして今日は。。。。やはりハズレ (T-T)
今年はクリスマスBBB見られずに終わってしまうのでしょうか?!

気を取り直して「ホリデー・ドライブ」を鑑賞します。
今日は見事ミニーの目線もゲットし、とりあえずご満悦。一周して戻ってきた
チップもしっかり撮影できて、今日のメインディッシュは無事お腹に納めたって感じ。

最後にチーデーの二人が仲良く首を振りながら帰って行きました。
うーん、可愛いです (^^

tdr091123_0261.jpg

tdr091123_0273.jpg

tdr091123_0275.jpg

帰りにエントランスでフリーグリの一団に遭遇!
みんなクリスマスのコスチュームです。これは見逃せないぞ、という訳で普段は近寄らない
フリーグリに果敢に突入!

でもやっぱりフリーグリ怖い。。。(笑)
なかなかお目当てのキャラに近寄れません。それでも何とか、デールのワンショをゲット。
グーさんは脇からハイエナふうに。。。(^^;
そしてミニーさんは。。。残念ながらこんな写真しか撮れませんでした(笑)
ま、これはこれでちょっと面白い感じで好きですけどね。

ちなみにこの一連のグリ写真は、AF-S 17-35mm F2.8Dで撮影してます。
最短撮影距離が28cmというスグレもの。だからこんな面白い効果が得られます。
実はこのレンズ銀塩のF5を愛用していた頃に購入したお気に入りレンズ。
でも、デジタルになってからしばらく防湿庫に眠っていたのを、久しぶりに
取り出して使ってみました。

やっぱりこの描写はデジタルでも好きですね?。
これからはちょくちょく連れ出してあげようかな (^^


tdr091123_0287.jpg

tdr091123_0294.jpg

最後は、ピアリのディズニーストアに寄って帰りました。
入り口にディスプレーされているミキミニのフィギュアは、なかなか可愛いです。

なんだかんだで、今日の舞浜遊びは結構盛りだくさんになりましたよ。





19:11  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

ジョリー・ホリデー・ドライブ

2009.11.22 (Sun)

ジョリー・ホリデー・ドライブ見てきました。
スタート直前にアメフロ到着しましたが、場所さえ選ばなければ2列目ゲットは余裕です。

偶然進行左側を確保したら、ミニー側でした (^^
でも、一瞬で通り過ぎるので、この程度の写真を撮るのが精一杯。。。
これで目線ばっちりだったら、かなり嬉しかったのですが。

tdr091121_0011.jpg

tdr091121_0013.jpg

tdr091121_0016.jpg

その後はデール。
普段なかなか良い写真がアップ出来ないデールですが、今回はめずらしくお気に入りが
たくさん撮れましたよ (^^

tdr091121_0023.jpg

tdr091121_0031.jpg

tdr091121_0046.jpg

tdr091121_0049.jpg

今回の成果は以上!


【撮影データ】
Nikon D40 + AF-S VR 70-200mm F2.8G IF 絞り優先AE
ISO200 -0.3段露出補正 AWB 

14:53  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

エシレのクロワッサン食べてみた

2009.11.21 (Sat)

DSC_0002_0473.jpg
(1個400円、1時間待ちのクロワッサン。。。果たしてそのお味は?)

東京丸の内に最近オープンした「丸の内パークビル」その1Fに、フランスの高級バター
専門店「エシレ・メゾン・デュプール」があります。
このお店はバターだけではなく、エシレ自慢の醗酵バターをふんだんに使用した焼き菓子や
パンも販売しており、これもかなりの人気らしい。
その中でもとりわけ人気なのが、クロワッサン(写真上)
何と1個400円で、午前中には完売してしまうという超人気商品だそうで。

以前から気になっていた我が家の奥さん、昨日は会社を休んで帝劇に「レミゼラブル」を
観劇に行ったついでに、友人と二人で1時間並んだ末に購入してまいりました。
さぁ、これは楽しみですよ。何しろ、今年DLPを訪れた際にリゾート内のホテルで食べた
朝食のクロワッサンが超おいしくて、夫婦二人で感動しまくった記憶もまだ生々しい(笑)
(この辺りの詳しい事情については「こちら」をご覧下さい)

ディズニーのホテルで食べるクロワッサンがあれだけ美味しかったんだから、わざわざ
フランスから丸の内に出店してきたこのクロワッサンは、さぞかし美味いんだろう!
そう考えるのが人情と言うものでしょう。

嗚呼、しかし期待が大きすぎたと言うべきなのかもしれません。
あ、でも誤解しないで下さい。確かにそんじょそこらで売っているクロワッサンよりは
美味しい。確かに美味しいのだが、果たして1個400円の価値があるのだろうか。。。?
そう考えると人間ていい加減なものです。もしこれが200円だったら、絶賛したかもしれない(笑)

DLPのホテルで食べたクロワッサンは焼きたてという訳でもなかった。
でも、口に入れるとサクサクとした歯ごたえと共に、小麦粉の旨みとほんのりバターの甘い
香りが口の中に広がって、思わず「うーん。。。」と唸らされてしまった。
人間本当に美味しいものを口にすると、言葉に詰まるというのは本当なのです。
で、あまりの美味しさに朝から5つも6つも食べてしまって、我ながらびっくりしたのでした。

一方今回のクロワッサン。
ご自慢の醗酵バターをたっぷりと使用した。。というのは理解出来るのですが、少々バターが
クドイ感じなのです。口に含むと、バターが前面に出しゃばってくる感じ。
で、2個も食べると「もう、十分。。。」て気持ちになってしまうのですよ。

いや、きっと本物のフランスの高級クロワッサンはこうなのでしょう。
当方、そうした高級な食材にはまったく縁がない人なので、この味が理解出来ないだけ
なのだと思います。恐らく味の判る人が食べれば「この口いっぱいに広がる醗酵バターの
味と香りが。。。。」って、感想が漏れるものなのでしょう。

ですから、このブログを読んで「まったくこいつは味も判らんやつめ!」って思われる
方がいたとしたらゴメンナサイ。

でも、本当にそう思ってしまったんだから、仕方がないよ。


10:31  |  その他  |  Trackback(0)

D3s 欲しい。。。

2009.11.20 (Fri)

pic_010.jpg

Nikon の最新デジタル一眼D3sの圧倒的な実力については、ご存知の方も多いでしょう。
「Nikon D3s 公式HP」はこちら
51点AF、 9コマ/秒の高速連続撮影、常用感度 ISO12800(拡張で最大 ISO102400!)の
超高感度撮影が可能という、超スーパースペック。
間違いなく現段階での世界最強の性能を誇るデジタル一眼で、Nikonがバンクーバー冬季
オリンピックに照準を合わせて発売する意欲的なカメラです。

愛機の D40が軽自動車だとしたら、D3sは世界最速のF1マシーンみたいなもんだね(笑)

ここまでのスペックは僕にはまったく「豚に真珠状態」で、使いこなす事など到底不可能
なのだけれど、この超高感度性能だけは素直に羨ましいと思う。
なにしろD40は最高でも ISO1600。安心して使える画質だと ISO800が限界。
それが常用ISO12800って言ったら、4段分も高感度に強いって事で、シャッタースピードも
たとえば1/60秒がやっとという暗い状況でも、1/1000秒の高速シャッターが使える。

これって凄い!その超高感度性能は喉から手が出るほどほしい。

パークの撮影では夜のショーも多く、そうでなくても高速シャッターが思うように切れない
シーンは意外と多いもの。
たとえば下の今年のクリパレ。ISO800でも絞りF4.8(x1.7テレコン併用)だと、1/125秒が
やっとというシチュエーション。なので、ちょっとキャラの動きが早いと被写体ブレで何となく
画が甘くなってしまう。
だから、少しでも高速シャッターが切れるという事は、昼間の撮影でもとても重要なのだ。

そんな夢のスーパーマシン D3s。 お値段の方も夢の様な 約60万円也。
しがないサラリーマンには、手の届かない高嶺の花ですな。。。(笑)


2009_christmas1-07.jpg
(何となく画が甘い。。。腕が悪いだけか)

【撮影データ】
Nikon D40 + AF-S VR 70-200mm F2.8G IF(x1.7 テレコン併用) 絞り優先AE
ISO800 -0.3段露出補正 AWB 



22:33  |  Camera  |  Trackback(0)

Candlelight Reflections

2009.11.15 (Sun)

今年初のキャンリフです。
やっぱりロビンちゃんの歌は素晴らしい。。。 何度聞いても感動します。

【撮影データ】
Nikon D40 + AF-S VR 70-200mm F2.8G IF 絞り優先AE
ISO1600 -1.7段露出補正 AWB 


tdr091115_0268.jpg

tdr091115_0294.jpg

tdr091115_0302.jpg

tdr091115_0325.jpg

tdr091115_0265.jpg

tdr091115_0429.jpg

tdr091115_0365.jpg

tdr091115_0352.jpg

tdr091115_0398.jpg

tdr091115_0423.jpg


*これらの写真は、近日中に本館「Minnie Photo Gallery」にもアップする予定です。




21:52  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

TDRのクリスマス

2009.11.14 (Sat)

リゾートはすっかりクリスマス一色ですね。
ここのところ、だらだらと駄文を書き連ねてしまったので、たまにはシンプルに
写真だけをお届けしてみます。

今年のランドの飾りつけも、気合入っていてなかなかの出来です。

tdr091109_0015.jpg

tdr091109_0006.jpg


今年はドナデジが妖精に。この衣装可愛くて好きです。
デイジーとても似合っています。

tdr091109_0038.jpg

tdr091109_0021.jpg


ミキミニの二人はスケート。ちょっぴり危なっかしいのはご愛嬌。。。(~~
昨年のジョリスノの流れを汲んだ、おとぎ話ふうの可愛い世界です。

tdr091109_0095.jpg

tdr091109_0167.jpg

tdr091109_0197.jpg

tdr091109_0220.jpg

tdr091109_0224.jpg

tdr091109_0239.jpg


一方今年もシーはロマンチック。
キャンドルライトも今年が最後とあって、例年以上の盛り上がりを見せてくれそう。。。

tdr091109_0268.jpg

tdr091109_0279.jpg


スクルージおじさん。味わい深いキャラで好きです。

tdr091109_0281.jpg


今年もサンタミニーに会えました。

tdr091109_0389.jpg


やっぱりシーのクリスマスは、大人っぽい雰囲気で大好きです。
今年もシーに通いそうだね。

tdr091109_0398.jpg


23:09  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

京都 ふしぎの街

2009.11.08 (Sun)

先週出張で京都に一泊してきました。
新幹線で京都を通過する事は非常に多いのに、京都に降り立ったのは本当ひさしぶり。
たぶん20年ぶり位かな。

で、京都駅ビルを初めて見て「おー、これは凄い!」(完璧おのぼりさん状態 笑)
久しぶりに京都タワー見て「うわー、やっぱりこれは悪趣味。。。」
なんて、一人ではしゃいでしまいました(笑)

実は京都と奈良は日本で一番好きな街なので、本当はもっとじっくりと秋の京都を
満喫したかったのですが、時間がなくて泣く泣く断念。 (ToT)
せめて夕食後に京都駅周辺だけでもと、一人でぶらぶら散策していて気がつきました。
「京都って、不思議な街だ」

まずエスカレーターでみんな左側に立っている!これもの凄い違和感を感じました。
最近仕事で大阪・神戸に行く機会が多く、関西ではエスカレーターは右に立つって常識が
自分の中に確立していただけに、これにはかなり衝撃を受けましたよ(笑)
まぁ、関東に例えていえば、東京と横浜では左側に立つのに、大宮だけ右に立つって言えば
その異常さが伝わるでしょうか?(あんまり伝わらないですね。。。笑)
関西の三都で京都だけ、足並みがそろっていないそんな感じ。

この違和感はその後も続きます。

まだ時間は夜の8時だというのに、駅前がやたら暗い。これは駅前に殆どネオンサインがない
という物理的な意味での暗さだけでは無い感じなんですね。
この感じどこかで味わったぞ。。。って思って思い出したのが、新婚旅行で訪れたローマや
ミラノの夜の街の気配。まさにあの雰囲気なんです。
歴史を持つ街だけが有する、独特の夜の暗さ。裏に圧倒的な歴史の重みを宿している暗闇
って表現すればわかって頂けるでしょうか?
その歴史の重みに、僕は思わず立ちすくみそうになってしまいました。

もう一つ感じたのが、外国人旅行者の多さ。
まぁ、京都なんだから旅行者が多いのは当たり前なんですが、その外国人達も東京や
香港の街中で見かけるのとはちょっと違って見えるからまた不思議です。
みんな背筋をしゃんと伸ばして、こころなしか若干の緊張をたたえた表情で夜の京都の街を
歩いている。これって一体なんなんだろう?
やっぱり僕と同じ様に、京都の街から滲み出てくる歴史の重みに、畏敬の念を抱いている
からなのだろうか? なんて話を、帰宅後奥さんに話したら「そりゃ、京都に来る外国人は
日本が初めてって人が多いから、単純に緊張しているだけなんでしょ(笑)」って、見も蓋も
ない感想を述べられてしまいましたが。。。(^^;

そして最後は京都タワーへ。
今更展望台に登る気にはならなかったので、一階のお土産もの売り場をぶらぶらと
冷やかしてみました。
この一角だけは、修学旅行の時の記憶そのままの光景が広がっていました。
ごちゃごちゃしたお店と、多くの修学旅行生達でごった返した店内で、ふと高校時代の
自分にタイムスリップするかの様な錯覚を味わいました。
この人ごみの中に、ひょっとしたら昔の親友や好きだったクラスメートの娘がいるかも
しれない。。。そして、昔の自分も。

そんな甘く懐かしい気持ちを胸に抱きながら、一人ホテルへと戻ったのでした。
ホテルの部屋で飲んだお茶。これがまた妙に美味しかった(笑)

いつかじっくりと時間をかけて、またこの不思議な街を訪れたいものです。


21:20  |  旅行  |  Trackback(0)

THIS IS IT

2009.11.06 (Fri)

おくればせながら、マイケルジャクソンの映画「THIS IS IT」の感想です。
(本当は先週末に見たのですが、自分の中で消化するのに少々時間を要しました)

一言でいうなら「とてつもなく美しく哀しい」映画という事になるでしょうか。
マイケルは特にファンという訳ではありませんでしたが、TDLの「キャプテンEO」の
素晴らしい歌とダンスが強く印象に残っています。
今回公開された「THIS IS IT」でも、マイケルの歌とダンスの素晴らしさは健在でした。
特に彼のダンスは素晴らしく、神々しさを感じるほどです。

なので、純粋にマイケルの歌とダンスを楽しめる意味で、この映画は高い完成度を
見せていると思います。
でも見終わった後は何故か重いんですよね。。。それは、彼がああした不幸な最期を
遂げたからというだけでは無いみたいです。
この映画の中でも繰り返し語られているのが、マイケルの目指した理想の高さ。
それがあまりにも崇高過ぎた為に、彼は孤立し孤独な生涯を終えたのかもしれない。
それが見るもの胸にも、いやおう無くのしかかって来る感じです。

マイケルが生涯をかけて戦っていたもの。
それは戦争、人種差別、偏見、貧困、そして環境破壊。
これらは全て人間の愚かさが招いたもの。悲しい考え方かもしえませんが、
人間は決してこの愚かさから逃れる事はできないのではないか?
そして、マイケルはそれを知っていたのかもしれません。
それでも彼はそれと戦おうとして、結局は破れ天国へ戻って行った。

「God bless you.」
そんなマイケルの言葉が、胸に染み入る思いがします。

22:01  |  映画  |  Trackback(0)

キャラグリ天国

2009.11.01 (Sun)

このブログでもたびたび言ってますが、HKDLはキャラグリ天国です。
もうしつこいぞ、って言われそう(笑)でも何度でも言ってしまいます。
今回はそんな、キャラヲタさんによるキャラグリ与太話です。
一般向けの話題ではないので、興味ある方だけどうぞ。。。(笑)

2009hkdl2-20.jpg

2009hkdl2-22.jpg

自分はキャラヲタさんですが、TDRではキャラグリを殆どした事がありません (^^;
理由は色々とありますが、一番の理由はのんびりとキャラ達と触れ合えないこと。
フリーグリはいつでもカオス状態で、近寄るのも恐ろしいし、整列グリは時間との
勝負!って感じで、のんびりキャラと会話している時間もなさそう。。。

そんな私と同じ不満を抱いている貴方は、是非一度香港を訪れるべきでしょう。
上のミキミニ見てください。周囲にゲストが誰もいない(笑)
理由は整列グリである事と、TDRの様にグリの周辺に群がるゲストが皆無なので、
こ?んなにも平和な雰囲気なのです。
(香港に限らず海外のパークは、整列グリが基本です)

並んでいるゲスト達もみなの?んびりしているので、一人一人のグリの時間も
たっぷりと取る事が出来ます。で、だれも文句は言いません(笑)
サインもらって、家族で何枚も写真撮って、キャラ達も一人一人丁寧に対応して
くれるので、本当に平和な雰囲気です。

この味をしめてしまうと、もうTDRのグリには戻れませんね(笑)
そんなキャラヲタさんの天国で味わった、至福のひと時のお話の始まりです。


DSC_0206_0352.jpg

DSC_0205_0351.jpg

2009hkdl2-14.jpg

まずは、奥さんが大好きなチップ&デールから。
まぁ、もともといたずら大好きな二人ですが、香港では更にエスカレートしてます(笑)

今回はTDRで以前購入した、チーデーのハロウィンのぬいぐるみバッジを
持参したのですが、めざとくそれを見つけたチーデー達は、グリもそっちのけで
ぬいぐるみで遊ぶ、遊ぶ (^^;
それぞれ自分のぬいぐるみをしっかりと確保し、はしゃぎまくってます。
挙句の果てに、デールのぬいぐるみを横取りしたチップは、それを自分の口の
中へ。。。。(笑) (写真上参照)
怒るデールを押さえて、悠然と写真に収まった後は、そのぬいぐるみを口から
取り出し、僕の服になすり付けてよだれをふき取るポーズまで (こらこら!)

いいかげん他のゲストが気になって、僕達の方が心配になってしまいます。
でも、待っているゲスト達も、そんなチーデーを見て皆笑っているんですね。
しびれを切らしたキャストからちょっと怒られて、やっとグリモードに戻った
二人なのでした。
(あ、もちろんキャストのお怒りもグリの演出の一環ですよ。念のため)

そして僕達のグリが終わったら、たっぷりとハグをしてくれました(笑)
いや?、可愛いったらありゃしない (^^


2009hkdl2-05.jpg

2009hkdl2-06.jpg

続いてはドナデジのお二人。
この二人もいつもフレンドリーで和まされるのですが、今回もいつも通り (^^
「二人だけで撮らせてね!」とお願いすると、二人で一瞬考えてから、立て続けに
こんなポーズを決めてくれました。特に二枚目の写真いいですね?。

グリが終わって二人にお礼をしたら、デイジーが「ハグして!」のおねだりポーズ。
で、しっかりとデイジーと抱擁(笑)をしたら、こんどは「キスして」のポーズまで。。。(^^:
ちょっと恥ずかしかったけれど、彼女の可愛いくちばしにそっとキスしてあげました。
周囲のゲスト達も、みなにこやかに笑ってみてくれている様子です。
最後は、デイジーからお別れの投げキスまでもらってしまいました(笑)
やばい、デイジーヲタになりそうだよ。。。(^^;

香港のデイジーとは、何故か毎度相性が良いのです。不思議だなぁ。。。


次は、お昼のパレードが終わる直前にタウンスクエアのガゼボに移動。
まだ、だれも並んでいないうちに、整列の先頭を確保。パレードが終わると
この場所でミキミニのグリが始まるんですよね。
で、パレード終了後二人の到着をまっていたら何と今回はミニー一人!
思わず「ラッキー!」って思ってしまいましたね (^^;
(ミッキーにはちょっと申し訳ないけどね。。。)

僕達が先頭という事で、ミニーにもたっぷりと遊んでもらえます。
奥さんが年パス特典の「お誕生日の缶バッジ」をつけているのに気がついた
ミニーが、「ハッピーバースデイ、トゥユ?♪」って歌まで歌ってくれて。。。
あ、もちろん声を出しては歌えませんから、両手のひとさし指をくるくると回して
例のゼスチュアをしながら、歌ってくれた訳ですね。

2009hkdl2-02.jpg

2009hkdl2-03.jpg

2009hkdl2-04.jpg

その後は「ミニー一人で撮らせてね!」とお願いすると、立て続けにこんな
可愛いポーズを3回も決めてくれました!
もちろん、ポーズ指定なんて野暮なことはしてませんよ。
日本からのゲストは皆同じお願いをするから、ミニーも慣れっこなんでしょうね。

最後にお礼を言って別れようとしたら、ミニーからも「ハグして」のサインが!
やったぞ!とちょっと興奮気味(笑)になりながらも、ミニーとの熱い抱擁。
しかし、こちらの下心を見透かされてしまったのかどうかは判りませんが、
デイジーの時みたいに、キスには至らず。。。(^^;

なかなかヲタさんの思惑通りには行かないもんですね?(笑)


2009hkdl2-16.jpg

2009hkdl2-09.jpg

最後はプルート。

このプルートってキャラも本当に不思議で、世界中のどこのパークへ行っても
いつもいつも本当にフレンドリーで、感心させられる事しきり。
例えば、香港で会っても「去年のアナハイムで一緒に遊んだ時は楽しかったね!」って
言っているかの様な、そんな不思議な親しみを毎回感じさせてくれるキャラなんですね。

今回もそうでした。
プルートのグリに並んで僕達の番になったとたん、「やぁ!来てくれたね?」って
感じで僕の方へ来たかと思うと、親しげに僕の肩を抱いて何やら話しかけてきます。
「おや、一体なんだろう?」って思いながら話を聞いてみると。。。
「One Two Three って掛け声をかけてくれよ!」ってゼスチュアで言っています。
「日本人は黙って写真とるから、声を出せ!って事なのかな。。。?」と、ちょっと
いぶかしげに思いながらも、大きな声で「One! Two! Three!」と声をかけると。。。

いきなりプルートが大ジャンプ!(笑)
一瞬の事にちょっとあっけにとられ、シャッターを押すタイミングが完全にずれてしまった!
「ごめん、ごめん、プルート!そういう事だったんだね。もう一回トライさせてくれよ!」
とお願いすると、プルートは快くOKしてくれました。
で、再度チャレンジ。
「One! Two! Three!」の掛け声で、さっき以上に思い切りジャンプしてくれた所を
すかさず激写!(笑)

「どう、プルート?こんな感じに撮れたけどOKかな?」って言って、カメラの液晶を
見せると、プルートも大満足!って感じで、親指をグイっと立ててくれました。
これがその時の写真です。(写真上)
でも、実はこの写真もちょっとタイミングがずれてます (^^; 
本当はもっと高くジャンプしてくれたのだけれど。。。。

そして別れ際にはしっかりハグをして、お互いの友情を確かめ合ったのでした(笑)
「いいぞ!プルート。君は本当に偉大なやつだ!」
今回も彼のフレンドリーさに、心からそう思わずにはいられませんでしたよ。


以上が今回の香港でのキャラグリのハイライトシーンです。
他にも細かなエピソードはいろいろとあったのですがこの辺で。
嬉しいのは、今回が特別と言うわけではなく、HKDLを訪れると程度の差
こそあれ、毎回同じような楽しいひと時を味わわせてくれる事なんです。

そんな香港の仲間達に、こころから乾杯!




08:41  |  Hong Kong Disneyland  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。