05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

プリマ見納めの週末

2009.06.27 (Sat)

tdr090629_0000.jpg
今日の舞浜は先週に引き続き梅雨の晴れ間が広がり、太陽がぎんぎらに輝く真夏日。
プリマの見納めには最高のお天気です。
今週もやっぱりザンビ裏テラス席の藤棚の木陰からスタートです。
やっぱりこの場所が落ち着くんだよね?。風がとっても気持ちいい。

tdr090629_0009.jpg
15分ほど木陰で涼みながらまっていると、聞きなれた音楽と共にプリマがスタート。
ダンサーさん達と一緒にミキミニの登場です。
この場所って一瞬なんだけど、狙い方によっては結構絵になる構図で撮影できるので
気に入っているのです。

tdr090629_0014.jpg
そしてなにより待っている人も少なく、のんびりした雰囲気が嬉しいですね。

tdr090629_0021.jpg
今日は珍しく、チーデーもしっかり撮影が出来ました。
普段だと、どうしても人の頭が入ってしまうのだけど、今日は気のせいか先週よりも
待っている人も少ない印象でした。

tdr090629_0035.jpg
その後はミキミニをおいかける様な感じで、ゆっくりとリドへ移動。
思いっきり遠目ではありますが、お二人の姿を見納め。
今日は何故か、ミキミニが5周年の船に乗って、ティンク達がいつものミキミニ船
(いわゆるポルト船)で登場しました。いつもの妖精さん達の船が故障してしまった
のでしょうか。。。?

tdr090629_0039.jpg
その後はミッキー広場へ移動します。
ここはいつも物凄い混雑なので敬遠していたのですが、そのせいで今年はドナデジの
二人がなかなか写真に納められませんでした。
最後の最後で、こうして何とかデイジーを撮影。この衣装は最高に可愛いですね?。

tdr090629_0050.jpg
ショー終了後の入り待ちで偶然撮影出来た、デイジーの超アップ。
何故かこの写真が今日のお気に入りNo.1になりました(笑)

tdr090629_0051.jpg
帰りに立ち寄ったメインエントランス脇の特設コーナーで、フラワーアレンジメント展が
開催されていました。

tdr090629_0054.jpg
今回初めて拝見したのですが、皆さんとても素敵な作品ばかりで、しばし奥さんと
見とれてしまいました。こういう才能って凄いなぁ。。。

tdr090629_0057.jpg
その後は、ランチを食べる為に新浦安のオリエンタルホテルへ移動します。
このホテルのお勧めは「中華バイキング」。
一人2310円(税・サ込み)とお手ごろなお値段ですが、本格的な中華料理と
中華風デザート、ソフトドリンクの飲み食べ放題という、まことにうれしい内容です。
お味もなかなか。量もたっぷり食べられて、中華好きの我が家には嬉しいお店。

tdr090629_0058.jpg
こちらは中国茶コーナー。
各種の茶葉が取り揃えられていて、色々と飲み比べたり、独自のブレンドを試したり
して楽しむ事が出来ます。
結構本格的な香りのお茶も揃えられているのが嬉しいところ。

tdr090629_0059.jpg
これが店内の様子。
さすがにランチタイムは混雑していて、優雅にお食事とはいきませんが、このお値段なら
満足度のかなり高いお店です。



スポンサーサイト
19:30  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

ホーキング知ってますか?

2009.06.23 (Tue)

最近熱心に読んでいる文庫本があります。
「ホーキング未来を語る」(SB文庫)です。ホーキング氏と言えば
車椅子に乗った天才物理学者なので、ご存知かもしれませんね。

この本の内容を簡単に言うと「宇宙はどこから来て、どこへ行くのか」を
判り易く説明してくれる本です。て、書くとなんだか難しそうですよね。
確かに難しい本です(笑)
実はこの本は2年ほど前に購入し、その時は内容が理解しきれずに一読
して本棚の肥やしにしてしまったのです。それを最近偶然発掘(笑)し、
改めて読み直してみて、ようやくその面白さが分り始めました。

・宇宙は150億年前のビックバン(大爆発)で始まり、今現在も物凄い
 スピードで膨張を続けている。

・ビックバン以前の宇宙は無(真空さえも無い完全な無の状態)から
 突然ビックバンが起こり始まった。

こんな話を読むと、不思議だな?って思いませんか?
「真空さえない完全な無」って想像出来ませんよね。そこから、一瞬の内に
全宇宙が生み出されるって、一体どんな理屈なんだろう。
しかもこれは単なる空想の産物ではなく、量子論に基づいた最新の理論物理学
で説明できるというのです。。。書いていて頭がこんがらかりそうです。

ホーキングさんはこの一連の深遠な理論の提唱者で、その理屈を判り易く
説明してくれているはずなのですが。。。なかなか手ごわい本ですね。
じっくりと時間をかけて読み進めて行くと、ようやくおぼろげながらその理屈が
判りかけてくる様な気がします(笑)

最近出張で大阪へ出向く機会が多いのですが、往復の新幹線の中で時間を
つぶすには、正に絶好のアイテムです。

20:42  |  読書  |  Trackback(0)

今日の舞浜

2009.06.20 (Sat)

今日の舞浜は穏やかに晴れたディズニー日和でした。
家を10時過ぎに出て、のんびりとTDRへと向かいます。

tdr0620-01.jpg
まず向かったのはシーのザンビーニ裏のテラス席。
藤棚の木陰で、ゆったりとサラダをつまみにしてビール。
吹き抜けて行く風がとても心地よいです?。

tdr0620-02.jpg
すぐ近くにこんな綺麗な花が咲いていました。

tdr0620-03.jpg
そしてお待ちかね、もう一つの美しい花がやってまいりました(笑)
11:50分のプリマが始まり、その出待ちを兼ねてこのテラス席で
くつろいでいたという訳です。

tdr0620-05.jpg
遠めにプリマを鑑賞します。
お天気の良い日のプリマは本当にきれいで楽しいですね?。

tdr0620-04.jpg
プリマを見終わったら、マクダックスで新作のレインコート・ダッフィーを購入し、
その足で、シルクロードガーデンへ。
いつも通りの、「ランタン・リパスト」に舌鼓を打ちます。
まずは、オードブルの盛り合わせ。

tdr0620-06.jpg
「広東風オムレツ」「蟹とかぼちゃと冬瓜のスープ」

tdr0620-07.jpg
「芝エビのから揚げカレーソース」「帆立貝の葱生姜蒸し」と「広東風オムレツ」

tdr0620-08.jpg
「茄子と牛挽肉の辛味噌炒め」

tdr0620-09.jpg
「あんかけ焼きそば」

tdr0620-10.jpg
デザートは「甘夏のムース」と「フルーツと杏仁豆腐」
美味しくておなかいっぱい頂きました。

tdr0620-11.jpg
その後は知り合いに会いがてら、ランドへ移動し「ジュビレーション」を鑑賞。
久しぶりにミニー姫を見て、幸せな気持ちに。。。(笑)

tdr0620-13.jpg
ミッキーもたっぷりと手を振ってくれました?。

tdr0620-14.jpg
そして最後は奥さんのごひいきチップ。しっかり手を振ってくれてます。
しあわせですね。

tdr0620-15.jpg
ランドを出てピクニックエリアの前を通りかかったら、紫陽花が正に満開でした。

tdr0620-16.jpg
毎年この場所で紫陽花を見るのが密かな楽しみ。
今年も美しい紫陽花を拝む事が出来て満足です。
白や青から紫、赤まで、いろいろな色の紫陽花が
咲き誇っていて本当に見事でした。

そんな訳で、今日の舞浜は美しい花と美味しい食べ物で、久しぶりに
心からリラックスできた一日でした。


18:58  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

憧れのスペイン

2009.06.14 (Sun)

僕がここ数年好んで読んでいるエッセイがあります。
画家の堀越千秋さんのエッセイです。堀越さんをご存知でしょうか?

東京芸大を卒業されたあと、スペインに渡りそこで30年以上も創作活動を
続けていらっしゃる、芸術家でありエッセイストです。
こう書くと堅苦しそうなエッセイを想像されるかもしれませんが、堀越さんの
エッセイは実に軽快で面白おかしく、読むごとにどんどん引き込まれてしまいます。

最近我が家の奥さんが近所の図書館で堀越さんの最新エッセイを借りてきました。
題名は「絵に描けないスペイン」です。
昨夜は寝がけにベッドの中でこの本を読み始めたら面白くて止められず、とうとう
明け方の3時までかけて読破してしまいました (^^;

堀越さんのエッセイの魅力を一言で表すと、「芸術家の目線の意外性と面白さ」
ということになるのではないかと思います。
スペインの絶品グルメやワインの話、スペイン人から見た日本人論、日本人から見た
スペイン人論、そして辛辣な国際論など。。。どれもこれもが、「そんな見方もあったか!」
と思わせる意外性に満ちていて、新鮮な驚きを与えてくれるのです。

恐らくこれが「芸術家の目線」が生み出す面白さなのでしょう。
逆に言うと、常識的な目線で見てみると「単なる変わり者」としか映らないという意見も
あるかもしれませんけどね。。。(笑)
でもじっくり落ち着いて読み直してみると、実は人間のとても深い所を見据えている事が
判ってきて、「単なる変わり者」では済ませられない事にも気づかされるのです。

最近の堀越さんは日本での創作活動が多くなって来たせいか、初期の作品に見られた
「江戸っ子スペイン人」的な個性がやや薄れてきている気がしない事もありません。
そんな堀越さんの真骨頂を味わえるのが「スペインうやむや日記」あたりだと感じます。
この本の中で、フラメンコ(カンテ)の歌い手としても異才を放つ堀越さんの意外な一面と
フラメンコを通じたジプシー達との交流が興味深く語られており、僕が最も引き込まれる
エピソードです。

もしかすると僕もどこかで、堀越さんみたいな生き方に憧れを抱いているのかもしれません(笑)



20:18  |  読書  |  Trackback(0)

マカオに行きたい!

2009.06.08 (Mon)

Hkph_712.jpg
(在りし日の「聖ドミンゴ教会」静かな時間が流れていました)

唐突ですが、最近マカオ行きたくてしかたありません(笑)

ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、先日の「世界ふしぎ発見!」が
マカオ特集でした。あれを見てたら、凄く行きたくなってしまいました。マカオへ。
実は香港駐在時代(1994年?1998年)に、毎年数回マカオに泊りがけの小旅行に
出かけるのを密かな楽しみにしていました。

ほんの10年前のマカオは、本当に田舎くさく(笑)のどかな街だったのです。でも、
いたる所にポルトガル領の面影を残している、魅力的な街でした。
マカオと言えばカジノですが、もっとも格式のあるカジノ「ホテルリスボア」も、当時は
古きよき時代の賭博場と言った風情で、実に魅力ある場所でした。

その後中国に返還され、現在のマカオの変貌ぶりと言ったら、本当に信じられません!
巨大で豪華なカジノホテルが林立し、ラスベガスを抜く勢いだと言うのだから笑って
しまいます。凄いですね、中国のパワーは。。。
そんな現在のマカオの姿と、その裏に息づくかつての面影を探しに、再びマカオを
訪れたいと思っています。

*当時のマカオの様子を綴ったエッセイが「香港随想録」の中に収録されています。
(「小旅遊往澳門」参照。左のリンクからご覧になれます)
よろしかったらどうぞ。



23:04  |  旅行  |  Trackback(0)

ちょっとマニアックな話題

2009.06.04 (Thu)

minnie_dlp.jpg
(こちらはパリの最新ミニー。やわらかなまなざし)

minnie_tdr.jpg
(対するこちらが現行の東京ミニー。かなり寄り目)

最近DLRPの話題ばかりですが、その影響というわけかすっかりあちらのミニーを見慣れてしまって、逆にTDRのミニーのお顔に違和感を感じてしまう今日この頃(笑)
やっぱりこうして見比べてしまうと、TDRのミニーはかなり寄り目です (^^;

数年前まではTDRもパリと同じお顔だったんですよ。それが、アメリカ→香港→東京という流れでミニーの瞳が徐々に「寄り目化」していったのは、ミニーファンの記憶に新しいところ。
最初は自分も含め、多くのファンから非難轟々だったこのより目顔も、最近ではすっかり見慣れてしまい、TDRのミニーとして定着した感もありました。しかし、パリだけはこの世界的な流れに取り残され、昔ながらの「柔らかなまなざし」が、化石の様に生き残っていたという訳なのでした(笑)

こうやって見直してみると、昔ながらのお顔の方が表情が柔らかで、好感を持てると思うのは僕だけではないと思うのです。。。アメリカでは更に恐ろしい事に、口パク目パチの最新ミニーも徐々に勢力を伸ばしつつある昨今。
どうかTDRとHKDLにだけは口パクミニーには上陸して欲しくないと願いつつ、昔のお顔復活も密かに希望してしまうのでした。


22:21  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。