12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パリ遠征計画-2

2009.01.31 (Sat)

遠征計画のその2です。

往復の飛行機は確定しました。次はホテルです。
DLPのホテルについて調べれば調べるほど、なぞのベールに
包まれた実態が明らかになってきました。。。(笑)

まず、DLPのDisney直営ホテルを扱っている日本の旅行代理店が
極端に少ない。あえて社名は挙げませんが、たった2社。
しかもそこを通すと、かなりの割高感が。。。
そうなると当然の流れとして個人手配となるのですが、これもまた
思わぬ壁が立ちふさがっているんですよねぇ。

DLPの公式HPから、直営とオフィシャルのホテルをオンラインで
予約する事が可能です。
で、いろいろと調べてみると、トップページで選択した言語によって
ホテルの値段が違ってくるんです!こんなの有り!?って感じ。

具体的に言うと、フランス語で公式HPに入って照会した値段と
英語で入って照会した値段では、同じホテルでもユーロ表示の
価格で15%もフランス語の方が安いのです。これは一体何故?
数年前の香港では、広東語と日本語のメニューで値段が違う
ボッタクリレストランなんてのも話題になりましたが、一瞬それを
思い出してしまいましたよ(笑)
更に本人の居住地も選択させられるのですが、同じ英語でも英国と
米国と日本では、微妙にホテルのプロモーション内容も違ってくる。。。
それでも、日本の旅行代理店を通すよりは、遥かに割安なのですが。

どうやら、フランス国内のゲストにもっとDLPを訪れてほしいという
意図らしいのですが、はっきり言って腑に落ちません (^^;
最初はとぼけて、フランス語で予約しちゃえって思ったけれど
そうすると、ホテルの予約確認書から何から、全てフランス語に
なっちゃうんだよな。。。これはやっぱり無理でしょう(笑)
しかし、判っていながらみすみす15%も高い値段でホテルを
予約するのもちょっとクヤシイですね。

そんなこんなで、奥さんと二人であーでもない、こーでもないと
色々と試行錯誤しながら、ホテル予約の最適解を探して研究中です。

つづく・・・




スポンサーサイト
22:19  |  旅行  |  Trackback(0)

パリ遠征計画

2009.01.26 (Mon)

唐突なんですが、GWにパリへ遠征する計画が動き出しました(笑)
新婚旅行でイタリアに行って以来、久しぶりのヨーロッパ。

今年はHKDLのチャイニーズニューイヤーも見られず、ちょっと悶々と
し始めていた矢先。
そんじゃ、貯まったマイルでパリでも行ってみるか?という安直な
発想でこの計画は始まったのでした。
以前からパリ行ってみたかったんですよねぇ。勿論 Disneyland Paris 。
実現すれば、ようやく世界のパーク完全制覇ってわけです (^^

でもね、こういう事をブログに書くと、何だか計画が頓挫しそうな
不安もあるのですよね。。。いや別に明確な理由は無いですよ。
ただ昔から、人に話すと結局その計画が実現しなかった、
そんな人生を歩んできている気がするもので (^^;
そうゆうのって、ありません?

おっと、話がそれました。
でも、このブログで経過をご報告する事で、多少なりとも同じ目的の
人たちの今後の参考にもなるかなぁ、という事で書いてみる事にしました。

で、まずは日程の FIX ですね。
今からGWのそれもマイルの特典枠で行こうっていうんですから、そりゃ
席を押えるのも容易じゃないです(笑)
僕達はUA(ユナイテッド航空)のマイレージ会員なので、スターアライアンスの
航空会社なら基本的にどこでも使えます。
奥さんがUAのデスクと一日がかりで折衝した結果、今のところ有力なのが、
行きルフトハンザでミュンヘン経由パリ。
帰りはスカンジナビア航空で、コペンハーゲン経由成田(笑)

往復で違う航空会社って有りなんですね、初めて知りました (^^;
それにしても、ミュンヘンやらコペンハーゲンなんて、全く実感湧きません。。。
所要時間は直行ではなく、上記経由ルートでも大体13時間程度。
という事は、一昨年のWDWのオーランドより近いんだよなぁ。
精神的には、僕の中でヨーロッパはもの凄く遠いんですけどねぇ。

これはちょっと意外でした。


・・・続く
22:52  |  旅行  |  Trackback(0)

とりあえず安堵 (笑)

2009.01.23 (Fri)

テーブルのミニー(最高だったなぁ)
(本文とはあまり関連はありません、テーブルのミニー。昨年一番のお気に入りです (^^ )

最近公私共に超多忙で、なかなかTDRに行けません・・・
早く25周年ファイナルを見たいのに!
まだしばらくこんな状態が続きそうなので、ブログにアップするネタがない。。。(^^;

しかし、どうやら前回のブログに書いた僕の不安は、単なる杞憂に
終わったようで何よりでした (^^
当分は上の写真のようなミニーを拝めるわけで一安心です。
(でもまだまだ油断は出来ませんが。。。)

仕事がひと段落したら閑散期のうちに、平日にお休み取ってミニーに会いにいこうっと。


20:14  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

とうとう、その時が来てしまったのか・・・?

2009.01.12 (Mon)

最近気になっている事があります。
それは、ミッキーやミニー等のキャラクター達のお顔のことです。

ご存知の通り、19日から25周年のファイナルステージが始まり、
ランド・シーそれぞれ、オリジナルショーが開催されます。
特にシーのウォーター・フロント・パークでのショー上演は、ナットや
リズム以来ですから、個人的に非常に楽しみにしていたのですが。。。

「どうやら、25周年ファイナルから、新しいヘッドが導入されるらしい。
それも例の、口と目が動く最新ヘッドらしい・・・」
との噂をあちらこちらで、見かけるようになって来ました。
正直「嘘だろう。。。嘘だと言ってくれぇ・・・!」という位に、個人的に
この噂は極めてショックの大きいニュースでした。

Sleeping_Beauty1.jpg
(これが問題の最新ヘッド。 WDWにて。このお顔を見て、あなたはどう感じます?)

いや、別に目や口が動いたって、構わないんですよ。普段のお顔が
ちゃんとしていれば。
僕は一昨年の夏にWDWを訪れ、このヘッドを一足先に見てきてしまって
いるのです。だから、鬱になるんだよなぁ。。。 (^^;
はっきり言ってこの新しいヘッドは、ワンデーさんには受けるでしょう。
それももの凄く。だって、インパクトありますからね。台詞にあわせて
キャラ達が口や目を動かすんだから。
でもね、素の状態のお顔は頂けません。(特に、ミキミニ)
妙に顎が厚ぼったくて、おじさん・おばさんくさい表情なんだよね。
しかも、口を閉じた表情は殆ど「クシャおじさん(古い)」状態!

Sleeping_Beauty2.jpg
(目を閉じるとこうなります。。。怖い(笑) 口を閉じた写真がないけれど、それはもっと悲惨)

もしも、今後このヘッドがTDRの標準となるのであれば、僕はキャラヲタを
卒業するでしょう。。。(^^; 今から予言しておきます。

90年代初頭に、やはりキャラのヘッドが大改革を受けた時期がありました。
あの時はむしろ、「やっと東京もアメリカと同じお顔に変わるんだ!新しい
お顔の方が絶対可愛い。」と思ったものです。
ひょっとして、今度の新ヘッドも見慣れてくると可愛く見えてくるのでしょうか?!

それはそれで、別の意味で悲しいものがありますなぁ(笑)
20:54  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)

どうした?キヤノン!

2009.01.08 (Thu)

Canon F-1
(Canon F-1 デザインだけで言うなら、僕が最も好きなカメラ)

最近キヤノンにめっきり元気がない。

僕が小学生だった頃、Canon F-1 というプロ用一眼があった。
その頃ニコンには Nikon F2 というフラッグシップ一眼があって
両者は激しく覇を競っていたのだ。
当時業界は完全にニコンが席捲していて、世界中のプロカメラマンの
ほとんどがNikon を使用していた。そんな状況に何とか一矢を
報いようという情熱で投入されたカメラが Canon F-1 だったのだ。
(信じられない人もいるかもしれないが、そういう時代もあったのだ)

だからこのCanon F-1は、本当に輝いて見えた。
チャレンジャーの輝きというものだったのだろう。
カメラデザインも、無骨だが日本的な美を感じさせる「いかにもカメラ」
というデザインで、本当にカッコよかった。
先発の Nikon F を徹底的に研究し、それを超えるシステム一眼として
設計されていて、カタログを飾るすさまじい数の交換レンズ群と数々の
システムに、当時の僕は完全にノックアウトされてしまったのだ (笑)
「大人になったら、絶対このカメラを買うぞ!」と、僕は固く心に誓っていた。

考えてみれば Nikon F2 は、それと同等か上回るシステム一眼だった
わけだから、キヤノンは当時からカタログのセンスとイメージ創りに長けて
いたのかもしれない。ニコンは昔から、そうしたイメージ創りが下手だった。
そんなことが徐々に見えてくるにつれ、結局僕はニコンを購入しNikon党の
1人になった。

21世紀に入り、状況は逆転した。
業界はキヤノンが席捲し、多くのプロカメラマンが Canon に移行した。
そんな状況を打破するべく、一昨年秋に Nikon D3, D300 が投入され、
再び力関係のシーソーゲームは、ニコン側の勝利に振れつつある。
キヤノンに移行した多くのプロ達も、再びニコンに戻りつつあるという。

現在のキヤノンには、F-1を創り上げた頃の輝きが感じられない。
最近発売されたデジタル一眼は、殆どが不振に終わっている。
1D3のAF問題。不評に終わった40Dと50D。5D2の黒点問題などなど。。。
その殆どが、いたずらにカタログ上の数値を上げる事だけにこだわり
肝心の品質管理や物としての造り込みを、おざなりにしてしまった結果の
様な気がしてならない。

果たしてキヤノンは復活できるのだろうか?
それとも結局このまま輝きは消え去り、再び業界の覇者の座をニコンへ明け
渡してしまう事になるのだろうか?
今年が、キヤノンの正念場のように感じているのは、僕だけではないはずだ。

がんばれ!キヤノン。
かつてのファンの1人として、声援を送らずにはいられない。

(ニコンファンの皆さん、ゴメンナサイ。。。(^^; )


21:34  |  Camera  |  Trackback(0)

新年おめでとうございます

2009.01.02 (Fri)

land_minnie.jpg
(ランドのお正月グリーティング。ファンタジーランドにて)

新年おめでとうございます!
今年も気まぐれに、書き綴って行こうと思います。
どうぞよろしくお付き合い下さい。 m(_ _)m

今年最初の話題は、ディズニー撮影初めの話題。
本日今年初めてTDRを訪れてきました。
カウントダウンに家で過ごす様になって久しいので、例年
1/2日あたりが、ディズニーでの撮影初めとなっています。
今日の目的はランドとシーのお正月グリの撮影です。
それとついでに、振袖姿のミニーのぬいぐるみバッジがもしも
残っていれば、購入したいとわずかな望みを託して、舞浜駅に
10:00AM頃降り立ちました。

まずはランドへ直行。
場所をどこに取るかでちょっと迷いましたが、例年ミニーがイン側
である事と、少しでも暖かい日向で待ちたいという事から、ファンタジー
ランドのピーターパン前辺りに場所を確保。
ここなら、通過後直ぐにトゥーンへ移動できるしね。

グリーティングは11:20AMにスタート。
あっと言う間に目の前を通り過ぎます。それでも何とか数カットシャッターを押し、
何とか撮影できたのが、上の一枚。。。隣にいたワンデーのお父様は
「え?もうこれで終わりなの!?」と、驚きを隠せないご様子でした (^^;
で、僕達はすぐさまトゥーンへ移動。
立ち見の三列目を何とか確保し、唯一まともに撮影出来たのが下の写真。
いや?、本当このグリーティングは撮影ヲタ泣かせですね。。。

land_mickey.jpg
(ランドのお正月グリーティング。トゥーンタウンにて)

その後はゆっくりとお店を冷やかしながら、シーへ移動。
やっぱり、晴れ着ミニーのぬいぐるみバッジは何処も売り切れでした。。。(T^T)
無いとなると、余計残念になってくるんですよね。
昨年暮れに見かけた時に、買っておけば良かった。。。。(後悔)

シーに到着したのが、12:30頃。
ここで、1:00PMからのグリーティングを待ちます。場所は「カフェ・ポルトフィーノ」の
前辺りでした。ここでも、あっと言う間にミキミニ達は目の前を通り過ぎました。。。(^^;
ただし、シーの方がまだランドよりも長いご挨拶があり、まともでしたが。

そんな訳で今年の撮り初めは、ちょっと残念な結果で終わったのでした(笑)
(Minnie Photo Galleryには、とてもアップ出来る出来ではないので、このブログで
公開しておしまいという事になりますねぇ)

sea_mickey.jpg
(シーのお正月グリーティング)

sea_minnie.jpg
(シーのお正月グリーティング)

21:47  |  Tokyo Disney Resort  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。