05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

Paris からの素敵な動画

2014.03.02 (Sun)

Disneyland Pris が製作した、ミニーの素敵な公式プロモーションビデオをYouTubeで偶然見つけました。フランスの有名ブランドである「Lanvin」を訪れたミニーが、トップデザイナーにドレスをデザインしてもらうという内容です。
Lanvinのデザイナーとの間で繰り広げられる、ミニーの女性らしい仕草が何とも愛らしいです。さすがフランスならではのセンスと発想で作り上げられた、素敵な動画をご覧下さい。







そして素敵な動画をもう一つご紹介。
Disneyland Paris の開園20周年を記念して行われたプレミアムファッションショーの様子です。22分以上の長い動画ですが、冒頭の3分間位のシーンに、上の動画でご紹介したLanvinのオーダードレスをまとったミニーが、主役のトップモデルとして登場します。これも舞浜ではなかなか見る事の出来ない、フランスならではの貴重なイベントだと思います。






こうしてみると、やっぱりミニーは素敵ですね 笑。






スポンサーサイト
18:16  |  Disneyland Paris  |  Trackback(0)

Disneyland Resort Paris - 4 (ショー・パレード編 その2)

2009.05.31 (Sun)

今回はDLRPの最終回として、その他のショー関係のレポートをお送りします。

minnie-1.jpg
(「Minnie's Party Train」 汽車から降り立ったミニー達は
こうしてゲストとのグリーティングに励みます(笑) で、その後。。。)

minnie-2.jpg
(。。。予期せぬ急接近遭遇!かなり焦りました)

「Minnie's Party Train」 は後でご紹介する 「It's Party Time... with Mickey and Friends」
と30分おきに交互に開催されているショーです。ミッキーとミニーはお互い片方のショー
にしか出演しません。

ポップなデコレーションを施したトレインが、パレードルートを行進してくるとショーの始まり。
「眠れる森の美女城」の前で停止すると、ミニーやチーデー、ドナルド達が次々と汽車から
降り立ち、プラザのあちらこちらでグリーティングを行うという趣向です。
約15分のグリーティングが終了すると、再びミニー達は汽車に乗り込んで、パレードルートを
帰っていきます。ショー自体はこれだけなので極めて単純 (^^;
ミニーのグリはプラザに面したディスカバリーランド側の植え込みで行われていました。
上手くすると、写真の様に超至近距離のミニーさんをじっくりと鑑賞する事が出来ます(笑)
ところでこの時は僕の後ろにいたウェスタンのおじさんに「お前写真とるのに邪魔だから
どけよ!」みたいなことをフランス語で言われてしまい、むっとしたのでした(笑)

このショー唯一の見所は、他では見ることの出来ないミニーのコスチュームでしょうか。
一見見慣れた水玉と思わせて、リボンや靴が白という所がミソ。好き嫌いは分かれそう
ですけど、珍しい事には違いありませんね(笑)
それとひょっとすると、この汽車は昔TDLで使用したパーティトレインのお下がりなの
でしょうか?どことなく、その面影が残されている様に感じられるのですが。。。さて?


mickey-1.jpg
(「It's Party Time」 はステージショー。だけどとてもシンプルで素朴です (^^; )

続いては「It's Party Time... with Mickey and Friends」
このショーはプラザの中心に設けられている特設ステージで開催される、ダンス
主体のショーです。ミッキーの他にドナルドやグーフィー、ピーターとウェンディ達が
出演します。
内容的には「みんなでダンスを楽しみましょう!」的なゲスト参加型ですが、TDRの様に
熱心に参加するゲストは皆無でした (^^;  案外ドライなんですねぇ、EUの人たちは。
まぁ逆に、大勢のゲストが一斉に踊りだすという光景は、世界的に見てもTDRだけの
専売特許ですから、欧米人にとってみればこっちの方がよっぽど異様に見えるのかもしれませんが。。。


roundup-1.jpg
(「Woody's Roundup Village」 にて。このコス可愛いですね?)

「Woody's Roundup Village」は、ランドの中にあるキャラグリ専用みたいなエリアです。
TDLのウェスタンランドに似ていますが、もっとのどかでのんびりとした雰囲気です。
その一角で、ミキミニ、グー・プル、ウッディ達がグリーティングをしています。
TDRと違って嬉しいのは、グリーティングタイムがショースケジュールに明記されていて
その時間に行けば必ずキャラたちに会える点でしょうか。そして整列グリなので、僕の様に
気の弱いゲストでも、ちゃんとキャラと遊べます(笑)

ところでこのチェックのコスチュームはDLRPでしか見られません。
TDLのウェスタンミニー、DLRやHKDLのエプロンミニーも似たような傾向のコスですけど
このパリのチェックさんが一番可愛いかもしれませんね。
他のパークでの登場にも、是非期待したいところです。


sequoia-1.jpg
(セコイアロッジでのグリ。何とも微妙なポーズ (^^; )

各ホテルでは毎朝ロビーでキャラグリが行われています。時間やどんなキャラが出て
くるのかは、ロビーのインフォメーションボードで知る事が出来ます。
写真はセコイアロッジでのグリーティング。このコスチュームもDLRP独特のデザインですが
個人的には今ひとつという印象です。

それとこれは後から知ったのですが、「New Port Bay Club」 に登場するミニーはかなり可愛いらしいのです。今回は時間が全く足りなくて、他のホテルのグリは諦めざるをえなかったのですが、これが今回の旅行で唯一心残りとなってしまいました。。。
ひょっとしたらいつかこのリベンジで、再びパリを訪れる事になるかもしれません(笑)


car-1.jpg
(今日も健気に飛んでおります(笑))

cinemagic-1.jpg
(「CineMagique」は一番のお勧め!大人のエンターティメントです)

crash-1.jpg
(ゆめゆめ、この穏やかな笑顔に騙されてはいけません!)

最後に 「Walt Disney Studios」 のショー関係についても、簡単にご紹介しておきたい
と思います。

写真の 「Moteurs....Action! Stunt Show Spectacular」 は、カースタントの撮影を
実演してくれるライブショーで、WDWのスタジオのショーと内容はほぼ一緒でした。
キャラは一切登場しません。迫力はありますが、目新しさもあまりありません(笑)
まぁそういうショーですが、見ごたえはあるので一見の価値はあると思います。

僕の一番のお勧めショーは 「CineMagique」 です。
劇場タイプのショーで、無声トーキーから最新のファンタジーまで、映画の歴史を追い
ながら進められていく、主人公と映画のヒロインのラブストーリー。
様々な映画の名シーンとその中で主人公が巻き込まれるドタバタ劇に、会場は爆笑の
連続。そして最後は「ニューシネマパラダイス」を思い出させる感動的なシーンに、思わず
涙がポロリと溢れてきます。
時間が許せば何度でも見たかったと、奥さんと二人で大絶賛。
正に大人の為のエンターテイメントという感じのショーでした!

そして最後にご紹介するのは 「Crush's Couater」、絶叫型のアトラクションです。
僕たち夫婦は絶叫型は嫌いではないのですが、これはダメでした?。
真っ暗で殆ど中が見えない上に、たまたま僕たちの座った席が後ろ向き
だったんですね。これでやられました (^^;
大人気のアトラクションなので朝一で並ぶべきとの事前情報に従ったのも
敗因の一つでした。美味しい朝ごはんをお腹いっぱい食べた直後だったので
完璧に気分悪くなってしまいました。

最初はWDWのニモと同様の、のどかなライドタイプのアトラクションを想像して
いただけに、朝一で乗った事を心から後悔したのでした。。。(笑)
皆さんもどうかくれぐれも、ご注意下さい。

ちなみにこのアトラクション、異常な位の大人気でした。
パークのオープンと同時に向かったのにも関らず、すでに80分待ち。
そこまでして乗る価値ないよ、と思わず列に並ぶ人々に教えてあげたくなる
そんなアトラクションでした(笑)

08:18  |  Disneyland Paris  |  Trackback(0)

Disneyland Resort Paris - 3 (ショー・パレード編 その1)

2009.05.24 (Sun)

今回は第三回目として、DLRPで楽しんだメインのショー・パレードについて
レポートしたいと思います。
ちなみに今回は閑散期にあたってしまっていた為、残念ながら見ることの
できないショーも幾つかありました。その点は予めご了承ください。


2009dlp_once2-01.jpg
(「Once Upon a Drea Parade」の先頭フロート)

2009dlp_once3-15.jpg
(ミニーのダンスはとてもシンプルです)

2009dlp_once3-01.jpg
(ミキミニが一緒になって先頭を務めるあたりは海外ならでは)

2009dlp_once2-14.jpg
(DLRPでもビランズは力が入ってます)

最初は「Once Upon a Dream Parade」、DLRPのお昼のメインパレードです。
パレードの構成は伝統的なディズニーパレードの流れをくむもので、代表的な
ディズニー映画のフロートが次々とやって来ます。
でも、TDLのジュビレーションと比較してしまうと、実にあっさりとしています(笑)
逆に言えば、ジュビレーションがいかにお金のかかっているパレードかが、改めて
実感出来ました。 (^^;
ただ誤解を避ける為に言っておくと、シンプルだけど十分に楽しめるパレードです。

パレードルートは、ファンタジーランドの「It's a Small World」脇からスタートし、お城の
脇を通過し、プラザ→メインストリート→タウンスクエアの順にやって来ます。
タウンスクエアでは、DLRと同様に反時計回りに回って行きます。
途中2回停止があり、簡単なショーモードが入ります。ミキミニの先頭フロートは
最初メインストリートの入り口(プラザガーデンレストラン前)辺りで停止、次は
タウンスクエアの一番奥、パレードの終点前で停止です。

ビック5+チーデーのメインキャラは一団となって先頭を練り歩いてきます。
個人的なお勧め鑑賞ポイントは、タウンスクエアの「ディスカバリーアーケード」の
出口付近。この位置からだと、先頭集団を正面から見る形になり、停止した
ミキミニも正面の比較的近距離から見られます。
(上の写真はこのポジションから撮影したものです)

気になる混雑具合ですが、僕たちが訪れた時は閑散期ににも関らず
大変な混雑でした。ですので、お目あてのポジションを確保するには最低
30分前、できれば1時間前から待つ必要がありました。ただ、これが一時的な
ものなのか、それとも通常の混雑具合と同じなのかは分りませんでした。

もう一つ注意を要する事があります。
DLRPに限らず、海外のパークではパレードは立って見る場合が多い様です。
なので2列目以降となってしまうと、ちょっと観にくくなる点は要注意です。
TDRの様な注意を促すゲスコンのキャストは殆ど居ないので、この辺りは
ゲストの自主的な判断に任されているのが実情です。
初めて海外のパークを訪れると、大抵の日本人ゲストはこの点に不満を抱く
ようです。こればかりは、お国柄もあるのでいたし方ありません。
ある意味、TDRは本当に至れり尽くせりの、ありがたいパークなんですね。

2009dlp_stars2-02.jpg
(このクラシックカーはフロリダからのお下がり)

2009dlp_stars2-03.jpg
(いいですね?、このドレス。とても可愛いです)

2009dlp_stars1-27.jpg
(このショーの主役はミニーかもしれません)

2009dlp_stars2-08.jpg
(出演者総出のラストシーン)


次は「Walt Disney Studios」のメインパレード「Stars 'n' Cars」です。
ディズニー映画のスター達がクラシックカーに乗って次々と登場するという内容。
お気づきの方も多いと思いますが、WDWのスタジオのデイパレードがベースになって
います。しかし、内容は断然DLRPの方が面白いと思いました。

このパレードを鑑賞するのなら、「Cinemagique」前の「Place des Sars」がお勧めです。
広場の真ん中に小さなステージが設えられているので、場所は直ぐに分ります。
パレードは「Animagique」の脇からスタートし、再び「Animagique」の脇に戻ってきます。
しかしパレードルートでは通り過ぎる一瞬を見られるだけで、殆ど意味がありません。
このパレードのメインは「Place des Stars」で行われるショーとグリーティングだからです。

ミキミニを先頭に、ディズニーのスター達を乗せたクラシックカーの一団が広場に
次々と集結。そこでミッキーが映画監督になって、映画撮影とショーがスタート!
この後は各キャラクター達が、ゲストの所にやってきてグリーティングとサイン会を
行うという趣向になっています。
ミニーの衣装も可愛くショーも面白いので、今回DLRPで見たショーの中ではこの
パレードが一番気に入りました。ミニーファンなら見逃せないショーです!

鑑賞エリアはステージを取り囲む様にロープで仕切られますが、やはりお勧めは
ステージ正面ですね。僕たちが訪れた時には、30分前位にキャストがやってきて
ロープを張り始めました。しかし、熱心な現地のファンは良いポジションを確保する為に、
1時間ほど前から待機しています。
更に、こちらではキャストの対応も人によってまちまちで、うっかりしていると
せっかく確保した位置を他のゲストにとられてしまいかねない場面が、何度か
ありました。基本は「自己責任」の社会なので、ここでもあまりキャストをあてに
しない方が良いと思いました (^^;
「自分のものは自分で守る」この基本ルールは、常に頭の片隅にとどめておく
事が必要かもしれませんね。


2009dlp_west-01.jpg
(「Wild West Show」の専用劇場はこんな感じです。柵がちょっと邪魔 (^^; )

2009dlp_west-04.jpg
(これが本来のショーの姿。本物の馬さんやバッファローが登場します)

2009dlp_west-12.jpg
(このコスチュームもいいですね。ミニーファンならこのショーも必見?)

2009dlp_west-08.jpg
(保安官姿のミッキーも凛々しいですね)


最後は、「Disney Village」の専用劇場で毎夜開催されているディナーショー「Baffalo Bill's
Wild West Show」です。
このショーは最近リニューアルされたらしく、新たにキャラクターも登場する様になりました。
ショー自体は、本物の馬やバッファローが多数登場する、本格的なウェスタンスタイルの
ライブショーです。特にバッファロー達が誰にもコントロールされずに演じているのは
素直に驚きました。頭良いんですね、バッファローって(笑)
ショーの合間合間にキャラたちが登場し、客席と一体になってチーム対抗のゲーム
等を楽しむという趣向になっています。これは楽しかったです!

料金はファーストクラスが72ユーロ。約2時間のショーとディナー、飲み物がセットに
なった料金です。料理はBBQがメインですが、大味で量も多くあまりお勧めできません(^^;
あくまでも、ショーをメインに考えるべきですね(笑) その上、ショーの進行に合わせて
どんどん片付けられてしまうので、忙しいたらありゃしない!観て、食べて、飲んで、
写真撮って。。。と、あっという間の2時間でした。
ちなみに、飲み物はビールとコーラが飲み放題なので、ビール好きには嬉しいです。
僕もしっかりとビールで元をとってきました。

チケットは各ホテルで前売りされています。ただこの段階では、ファーストクラスという
エリアしか分りません。「開演の1時間前に入場ゲートへ行く様に」と、チケット売り場の
キャストから言われ、その通りに1時間前に行ってみたら既に長蛇の列。。。
座席は入場する際に、キャストから一方的に番号札を渡されて決まってしまいます。

これは後から思ったのですが、恐らく入場の際に希望の席をリクエスト出来たのかも
しれません。その為、良い席を確保したいゲストは2時間近く前から並び、リクエストを
していたと思われるフシがあります。
僕たちの席はたまたまミニーエリアだったので、個人的には嬉しかったのですが
ショーの見易さという点では、正直イマイチでした。
やはり見易さでは正面エリアですね。

それともう一つ注意したいのは、ファーストクラスでも最前列は避けるべきです。
最前列だと目の前に柵があり、はっきり言って観にくいです。
同じファーストクラスでも2列目以降の方が断然見やすいと思いました。

最後に、開演前の1時間はロビーでミニショーやグリーティングも行われます。
僕達が行った時は保安官ミッキーがグリをしてくれました。
ミニショーの方はグーフィーとコメディータッチの大道芸みたいなショーでした。
スタンドバーもあり、そこで飲み物をオーダーしながら、のんびりと開演を待つ
という感じですね。(この飲み物は別料金です)


18:22  |  Disneyland Paris  |  Trackback(0)

Disneyland Resort Paris - 2 (ホテル編)

2009.05.17 (Sun)

dlp_backup-373.jpg
(3つのブランドホテルは、美しい人口湖に面して建っています)

今回はホテル編として、利用ホテルの様子等についてレポートしてみたいと思います。

前回もお話しましたが、今回利用したホテルは「セコイア・ロッジ」です。
DLPに隣接する4つのディズニーホテルの中では最もリーズナブルなホテル。
今回は日本の某大手旅行会社を通じて予約を入れました。DLRPの公式サイト
からも直接予約は出来ますが、この旅行会社を通した方が料金も安く日本語
なので安心感がありました。
一人当たりの4泊の宿泊料金は日本円で約5万円。この料金には、全日程の朝食と
5日間の2パークチケットが含まれていますから、TDRと比べると割安感はありますね。

なお、実際にパークを訪れる事が出来るのは中3日なので、チケットを3日分に減らした
かったのですが出来ませんでした。
いずれにせよ、このチケットと朝食が常にセットというのは、DLRPのホテルの共通事項
みたいです。フランスの合理性みたいものを感じますね。

「ディズニーランド・ホテル」を除いた3つのホテルは、写真のような美しい人口湖に
面して建っており、どのホテルからでもパークまで徒歩10分程度で到着することが
出来ます。
この辺りの雰囲気は、TDRでは味わうことの出来ない独特の世界で、とても素敵でした。


dlp_backup-805.jpg
(こちらが今回利用した「セコイア・ロッジ」大変大きなホテルです)


dlp_backup-812.jpg
(ホテルのロビー。欧米人が好みそうな落ち着いた雰囲気のホテル)


dlp_backup-803.jpg
(お部屋の様子。設備やアメニティは本当質素です(笑) )

ホテル自体はロッジという名前とは裏腹に、大変巨大なホテルです。
これは他の3つのホテルにも共通して言えることですが、安いランクのお部屋だと
ロビーから延々と歩かされることになるので注意が必要です。今回僕達は
「モンタナ・ルーム」という高いお部屋にしたおかげで、その点は便利でした。
更に混雑時に優先的に朝食の席に案内してもらう事が出来て助かりました。

さてお部屋の設備ですが、びっくりするくらい質素です(笑)
テレビこそありましたが、冷蔵庫はフロントであらかじめ申し込まないと使用不可。
セーフティボックスもありませんし、インターネットのLAN設備なんて夢のまた夢。
アメニティー類も石鹸のみ(笑)これでモンタナルームですからね。
これもフランスの合理性のなせる業なのでしょうか?
ちなみに貴重品はフロントで預けるタイプです。

各ホテルでは毎日午前中、ロビーの一角でキャラグリがあります。
しかもホテルによっては、独特のコスチュームで登場してくれるので見逃せ
ません。今回はミニーとイーヨーに会う事が出来ました。
ただし時間が無く、他のホテルのキャラグリまで制覇出来なかった事が残念。。。


dlp_backup-827.jpg
(朝食は1Fのレストランで、こんな雰囲気の中でいただくことができます)


dlp_backup-728.jpg
(最高に美味しかったクロワッサン。さすがフランス!と思わず絶賛の嵐)


dlp_backup-727.jpg
(同じく大変気に入った、ハムの盛り合わせとチーズ。やはりフランスならでは)

今回のホテルで最も嬉しいサプライズは朝食が美味しかった事!
バイキング形式で、ハムの盛り合わせ、パンとフルーツ、チーズとヨーグルト類、
そして飲み物各種といったシンプルな内容でしたが、とても美味しかったのです。
特に気に入ったのが焼きたてのクロワッサン。本当美味しくて朝から6つも
食べてしまいました(笑) ディズニーホテルでこの味なのですから、街中の
パン屋さんはもっと美味しいのでしょうね。
もうひとつのお気に入りが、新鮮なハム類。日本のパサパサした
ハムとは違ってとてもジューシー。一緒に添えられていたにんにくのペーストを
ちょっぴりつけて食べると、もう言うことなし(笑)
奥さんに「にんにく臭い!」とひんしゅくを買いながら、朝からわしわしと食べて
しまいました(笑) そのほか、チーズやフルーツ類も新鮮で美味しく、さすがに
EU屈指の農業国フランスは伊達じゃないと、心から関心したのでした。

参考までに、この朝食は追加料金なしでディズニーランド内でのブレック
ファストに変更可能です。場所は「プラザ・ガーデン・レストラン」、いわゆる
TDLで言うところの「クリスタルパレス」です。僕達も試しに1日だけ変更して
もらいました。
しかし、キャラが登場するわけでもなく、メニューの内容は一緒。(むしろ
ハム類やフルーツはイマイチでした。。。)しかも、狭く大変な混雑。
なので、あえてパークで朝食をとる意味はほとんどありませんでした(^^;


dlp_backup-199.jpg
(帰りに経由したコペンハーゲン国際空港。北欧の一大ハブ空港です)


dlp_backup-629.jpg
(シャルルドゴール空港とディズニーリゾートを結ぶ専用のエアバス)

最後に往復の交通機関について簡単にふれておきたいと思います。
今回はユナイテッド航空のマイレージ特典無料航空券を利用しました。
同じスターアライアンスのANAならパリへの直行便があるのですが、GW
期間中はブラックアウトで利用不可。。。
なのでヨーロッパ系のエアラインから、往路はルフトハンザ航空(ミュンヘン
乗り換え)、復路はスカンジナビア航空(コペンハーゲン乗換え)を初めて
利用してみることに。
実はEUになってからヨーロッパを訪れたことがなかったので、この往復の
乗り換えはちょっぴり不安材料でした。

で、面白かったのは出入国の手続き。
入国はミュンヘン空港(ドイツ)で行い、出国はコペンハーゲン空港(デンマーク)
で実施するんですねぇ。その間のパリまでの移動は全くのノーチェック。
(もちろん手荷物検査はあります)
なので、完全に国内線の感覚。当たり前なのですが、これは凄く意外でした。

パリのシャルルドゴール(CDG)空港では、第一ターミナル利用でした。
ここからは、DLRP行きの専用エアバスは往路の利用はできません。
(DLRPからCDGへの復路は第一ターミナルも経由してくれます)
従って、第二ターミナルまで無料のシャトルバスを利用して移動
するのですが、これが乗り場もわかりづらく注意が必要です。

僕達もCDG空港の到着が遅かった関係で、危うく最終バスにのり
遅れてしまうところでした。(日曜日の終バスは 20:40発)
ANA利用の場合も第一ターミナル発着のようですので、その場合は
事前に十分調べておくことをお勧めします。

ちなみにCDG空港→DLRPへの片道運賃は、一人17ユーロでした。
タクシー利用では60?70ユーロとの事らしいので、バスをお勧めします。
安心で快適です。



06:00  |  Disneyland Paris  |  Trackback(0)

Disneyland Resort Paris - 1

2009.05.10 (Sun)

dlp_backup-852.jpg
(DLPの"Sleeping Beauty Castle" 世界中のどのパークとも違った、
独特の世界がDLPの魅力)

"Disneyland Resort Paris" を初めて訪れました。
開園以来「いつかはパリを訪れたい・・・」との想いを抱き続けてきましたが、ようやくその
夢が叶い、世界のディズニーパーク制覇を成し遂げました (^^

これから数回にわたり、このブログ上で旅行記をご紹介して行きたいと思います。
では、まずはじめに今回の旅行の概要を・・・

日程 : 05/03 ? 05/08
利用航空会社 : 往路 - ルフトハンザドイツ航空 (ミュンヘン乗換え→パリ CDG)
           復路 - スカンジナビア航空 (コペンハーゲン乗換え→東京 NRT)
          *ユナイテッド航空 のマイレージ特典無料航空券を利用。
利用ホテル : ディズニー・セコイアロッジ (4泊の宿泊料金 約 5万円/人)
        *5日間の2パークチケットと、全日程の朝食が含まれた料金

*今回の旅行の写真は、本館「Minnie Photo Gallery」で公開中です!
(左の Links からご覧下さい)

dlp_backup-424.jpg
(Disneyland Hotel は、Disneyland のメインエントランスの真上に建っていて、
パークの景色の一部を形成しています。丁度、TDSのミラコスタみたいな感じです)


今回は第一回という事で、Disneyland Resort Paris の印象などを中心にお話したいと
思います。
リゾート全体の規模は TDRと同程度だと思います。 Disneyland Paris と
Walt disney Studios の2つのテーマパークを中心に、4つのディズニーホテルと
ショッピングモール Disney Villaga で構成されています。

Walt Disney Studios は フロリダのWDWよりも小ぶりですが、パークの雰囲気はほぼ一緒。
一方、Disneyland Paris は、世界中のどのDisneyland とも違った独特の雰囲気を持つ
パークで、規模的には TDLと同じかやや小さい印象です。
TDLがフロリダのMagic kingdom をお手本に、HKDLはアナハイムのDisneyland をそれぞれ
お手本として創られているのに対し、Disneyland Paris は他に例を見ない独特の演出が
随所に施されています。これが、DLPの最大の魅力だと感じました。

Disneylandをヨーロッパに建設するにあたって、アメリカ式の文化を生のまま持ち込まずに
ちょっぴりヨーロピアンなテイストと新たな工夫を盛り込んだ、そんな印象を受けました。
さすがのアメリカ人も、フランスの伝統と文化に敬意を表したという事なのでしょうか?
特に Disneyland Hotel と一体にデザインされている、タウンスクエアの雰囲気が好きです。


dlp_backup-078.jpg
(Walt Disney Studios のショー "Stars 'n' Cars" 今回一番のお気に入りショー。
ミニーファンにはたまらない、最新ショーでした(笑))


dlp_backup-671.jpg
(最近リニューアルしてキャラも登場する様になった"Buffalo Bill's Wild West Show"
このショーもキャラヲタは見逃せません!)

dlp_backup-914.jpg
(こちらも最近始まったばかりの "Minnie's Party Train"
ミニーファンのために始まった様なショーですね(笑))

dlp_backup-973.jpg
(ここでしか会えない、コスチュームのキャラたちもたくさんいます。
これもDLRPならではの魅力のひとつ)


ここDLRPでしか見ることの出来ない独自のショーも多く、これも魅力のひとつに
なっています。ただし、今回は閑散期にあたっていた為に見ることの出来ないショーも
いくつかあり、これは唯一残念な点でした。
(しかしその割りにパークは大変な混雑で、平日だというのに人気のアトラクションは
軒並み60?80分待ちという、ほとんどTDR並だった事が意外でした)


最後に、僕の独断による世界中のディズニーパークの印象比較をしてみたいと思います。
(★印は僕の個人的評価です)

・Disneyland Resort  (アナハイム) ★★★
 「伝統と歴史を随所に感じるパーク」 ウォルト自身が創ったただひとつのパーク。
 アトラクションの数は充実しているけれど、 やや手狭で煩雑な印象も。
 パークのいたる所に歴史を感じる事ができる。ディズニーファンなら、一度は訪れる
 価値のある、ある意味聖地の様なパーク。「ファンタズミック」は一見の価値有り!
 日本からは比較的気軽に訪れることが出来る点は嬉しい。キャストはフレンドリー。

・Walt Disney World  (フロリダ) ★★★★★
 「理想のディズニーリゾート」 広大で美しく整備された敷地内に複数のパークが点在し
 滞在型ディズニーリゾートの究極の姿だと感じる。日本からは最も遠く直行便も運行されて
 いないけれど、それを差し引いても何度も訪れたくなる、世界一のディズニーリゾート。
 キャストもフレンドリーな印象で、ゲストのマナーも比較的良好。

・Tokyo Desney Resort (東京) ★★★★
 「本物を越えた究極のイミテーション」 パークの美しさ、ショーのクオリティの高さ、
 キャストの礼儀正しさ、どれをとっても TDRの右に出るパークは無いと思う。
 その一方で、完璧に管理されすぎてやや不自然な印象を受ける事も。
 また、年間を通した大変な混雑もマイナス印象。

・Disneyland Resort Paris (パリ) ★★
 「欧州的に翻訳されたディズニーリゾート」 独特の雰囲気は好きだけれど、日本から
 訪れるにはやや遠く時間もかかる。意外だけど、ゲストのマナーは世界一悪いかも・・・
(歩きタバコや、ショーへの割り込みなど等。EUの国民性なんですかねぇ・・・(^^; )
 パーク内の清掃やメンテナンスは、お世辞にも行き届いているとは言いがたい。
 あの独特の雰囲気が好きになれるかどうかが、リピーターになる条件かも。

・Hong Kong Disneyland (香港) ★★★★
 「小さな本格派」 規模は小さく、アトラクションの数も少ないけれど、HKDLでしか
 見られないハイクオリティなショーがある点は高く評価。 
 また、本家 DLRとTDRの良い点を取り入れようとしている感じで、キャストもキャラも
 一番フレンドリーな印象。ゲストのマナーも比較的良好だと思う。
 日本からも気軽に訪れる事が出来る点も嬉しい。

以上は僕の数少ない経験からの印象ですので、皆さんそれぞれの印象がおありだと
思います。その点はご了承下さいね (^^



18:48  |  Disneyland Paris  |  Trackback(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。