07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

We've just arrived HK !

2013.04.28 (Sun)

ただいま香港空港に到着しました。やっぱり香港は落ち着きます 笑。
これから数日間、香港の美食とHKDLを満喫しようと思います (^o^)/


13:45  |  旅行  |  Trackback(0)

香港の街が呼んでいる。。。?

2010.09.14 (Tue)

最近沢木耕太郎さんの「深夜特急」を本棚から引っ張り出して読んでます。
やっぱりこの本は何度読み直しても面白い。特に「香港・マカオ編」。
何気ない場面であっても、なぜか感動してしまうんですよね。

どうしてなんだろう?それってきっと沢木さんが歩いている香港の街の
風景だけではなくて、街の喧騒から匂いまで、自分の頭と体に沁みこんで
いるからなんだろうって思うのです。

今日も仕事帰りの電車の中で、この「香港・マカオ編」を読んでいたら
上環の街を散策する場面で、何故か涙があふれてしまいかなり焦りました。。。
全然感動的なシーンじゃないのに(笑)
この上環の街は単身赴任時代の2年以上にわたって、自分が生活した
街なので、致し方ないのかもしれませんね。物語の中で語られている
香港の人たちの顔まで、目の前に浮かんでくるみたいです。

なんだか、香港の街が自分の事を呼んでいるみたいな気がしてしまいました。
とりあえず次回10月の香港旅行が、今は一番の楽しみです。



22:08  |  旅行  |  Trackback(0)

世界No.1 の「仁川(インチョン)空港」に行ってみた!

2010.06.17 (Thu)

100614_天津出張_0108
(明かに香港を意識したかの様な「仁川空港」の出発コンコース)


唐突ですが、中国の天津市に出張してました。

天津は初めて訪れた街なのですが、東京から直行便て運行されていないんですね。
で、一般的な行き方は北京空港まで飛んで、そこからリムジンバスで天津入りという
パターンらしいのですが、今回は会社側の事情でそのルートは却下。

では、という事でいろいろ調べてみると、韓国の「ソウル新空港(仁川空港)」経由
というルートが一番便利で安い事が判明。
「お!仁川空港といえば、2010年の「World Airport Award」で世界一の空港という名誉に
輝いた、超有名空港じゃないの!これはついている!」
何しろ自称「世界の空港マニア」の私としては、是非一度「仁川空港」をこの眼で
見てみたいと思っていたわけで、これは思わぬ嬉しい展開になってきましたよ?(笑)

で、仁川空港を実際に利用してみての感想。
往路は仁川で5時間、復路は3時間の待ち合わせがあったのですが、結果的に全く苦に
なりませんでした。この長時間乗り換え待ちも (^^;
理由は、さすがアジアNo.1のハブ空港だけあって、待ち合わせの旅客への配慮が実に
徹底しているからです。何しろ、全長1kmはある出発コンコースの両側には、ずらりと
免税店と飲食店がならんでいます。更に、長時間待ちの旅客専用の立派な無料レスト
エリア(仮眠所)まで用意されているので、多く人たちがそこでのんびりと待ち時間を過ご
していました。(無料インターネットスペースやカフェテリア等も完備)

100614_天津出張_0106
(仁川の出発コンコースには、これでもか!って位に免税店が並んでいます)



空港の規模も「香港国際空港」の1.5倍はありそう。(成田との比較では2倍以上の感覚)
それにも関らず、非常に使いやすく自分が今どこにいるのかが、即座に把握できる事に
感心しました。これは「香港空港」でも一歩及ばない点。
空港として大切なのが、この導線のわかり易さなんですね。その点でこの「仁川空港」は
ほぼ満点と言えるのではないでしょうか。
ちなみに昨年利用したバンコクの「スワンナブーム国際空港」は、仁川以上に巨大な空港
でしたが、同時にとても使いずらく判りにくい空港でした。

ただ、仁川空港にも残念な点が幾つかあると思いました。
一つは建築的な煮詰め方が中途半端で、単調でありきたりな空間となってしまっている点。
この点ではあきらかに「香港空港」が大きくリードしていますね。仁川も先行する香港を
多分に意識した設計になっているのですが、やはり香港にはいま一歩及びません。
建築の世界には「神はディテールに宿る」という名言があるのですが、香港空港の
ディテールとダイナミックな空間構成は、正に神々しいという表現がぴったりです。

もう一つは飲食施設の充実度。仁川も成田等にくらべると遥かに飲食施設は充実して
いるのですが、香港のあの充実ぶりと比較するとちょっと見劣りがします。
いずれにせよ、仁川と香港は世界を代表する二大ハブ空港である事は間違いありません。
今回の出張で、それをはっきりと認識する事が出来ました。
(そして帰国するといつも思うのが、成田空港の残念さ。。。天津空港も中国の地方
都市空港という事でかなり残念な印象でしたが、成田の使いにくさと野暮ったさは
その天津と良い勝負。。。ちょっと?何とかしてよ、国交省さん)

100614_天津出張_0102
(建築的な完成度の高さでは、仁川空港は香港空港に一歩譲ります)



さて、最後に今回初めて利用した大韓航空の印象を。
機内食はちょっと残念な部類に入りますが、サービスは結構良い線いっています。
とくにフライトアテンダントの皆さんが実に美しい。。。(笑)
往路のソウル線に搭乗していた、韓流女優の「キム・テヒ」似の方は、びっくり
する位美しかった。この点でも、韓国は世界N0.1かもしれませんよ。。。(笑)


22:06  |  旅行  |  Trackback(0)

GW最終日

2010.05.05 (Wed)

frequent-visitor-channel_img_2.jpg
(備忘録的な意味で、ちょこっとこのブログに書いてしまおう。。。)

とうとうGW最終日。今年のGWは殆ど何もせずに、家でウダウダしていて
終わってしまったなぁ。。。
舞浜に一日行って、あとは夫婦双方の親に会いに行っておしまい(笑)
去年はDLRPに遠征したりして、なかなか豪勢な休暇だったけれど。

だからという訳ではないけれど、今年7月の香港行きを予約しました。
今回はキャセイのホテルパッケージを利用。やっぱり、香港の航空会社が主催
するパッケージだけあって、フライトの自由度が高くて好印象。その上結構
リーズナブルなお値段で、これはお気に入りのツアーになりそうです。
帰りの希望の便が満席だったので、その2時間前のフライトを押さえた上で
希望便にもキャンセル待ちを入れてもらえました。
日本の旅行会社のパッケージでは、なかなかこうは行かないよね☆
(既に希望する日程は軒並み満席になって来ていて、出遅れた事を痛感させ
られましたが。。。(^^; )

今回の一番の目的は、香港でいろいろな人たちに会ってくる事です。
その合間を縫ってHKDLを楽しんでこうようと思っています。
前回旧正月にご一緒させて頂いた皆さんと、「エンチャンテッド・ガーデン」で
キャラダイパーティが楽しめたら嬉しいなぁ。。。(^m^)
香港駐在時代にお世話になった、香港人の友人とも久しぶりに再会する予定。
色々な意味で、今から楽しみな訪港になりそう。


さて、ここからが本題です(笑) ←前置きが長い。
前回香港をご一緒した際に、お友達から教えて頂いたのが「Frequent Visiter
Card = FVC」という便利なカード。これを今日オンラインから申し込みました。

このカードがあれば、香港空港での出入国の際にイミグレに並ばずに、専用の
セルフイミグレを通って、スピーディに手続きが完了。パスポートや出入国
カードを記入する必要も無いので、凄く便利そうです。
申し込みの資格は「過去一年以内に3回以上、香港を訪れた事」これだけ。
幸いハロウィン→クリスマス→旧正月と、立て続けにHKDLを訪れたおかげで
めでたく私達も、その資格を得たというわけ (^^
香港入国管理局が自宅まで郵送してくれるという、嬉しいサービス付き(笑)

なので、7月の香港行きの前にこの「FVC」も申し込んでおこうと思い立ち、
本日無事オンライン上で手続き完了しました。
ただ、ちょっと気がかりなのが、申し込みから発送まで約8週間かかる事。
ちょうど、7月の香港行き直前に手元に届くかどうかという際どい日程。

申し込んだ事を後で忘れそうなので、こうしてここに書いておこうという訳です。
(詳細はこちら「香港機場管理局(Airport Authority Hong Kong)」のサイトまで)




20:57  |  旅行  |  Trackback(0)

バーチャル香港散歩

2010.03.16 (Tue)

one-queens-road-central.jpg
(この場所が「One Queen's Road」なのです)

いつも楽しく拝見しているブログ「ハクナマタタ生活?香港編」さんで、とても面白い
情報が紹介されていました。
Google Map の凄さについては既にご存知の方も多いと思います。いよいよその「香港
マカオ版」が公開されたとの記事を拝見して、私も早速バーチャル香港散歩を
楽しんでみました☆ (詳しくは上記ブログさんを参照してみて下さい!)

実際に試してみてそのあまりのリアルさにびっくり。すっかり香港の街中を散策して
いる気分になって、時間が経つのも忘れてしまいます(笑)
このサービスは香港旅行の予習は勿論、旅行後に旅の思い出を反芻するにも絶好の
ツールだと思います。
では早速ご一緒に香港街歩きに出発!
(ここからは香港の街の風景と私の思い出話になるので、興味のある方だけどうぞ)


まずはトップの写真。
香港島の「中環(セントラル)」にある「香港上海銀行」前。
ここのアドレスが「One Queen's Road = 皇后大道一號」つまりこのブログの
タイトルとなった場所なのです。
初めて香港を訪れた時にこのビルを見て衝撃を受けた事が、その後香港赴任への
動機付けとなった、自分にとってとても大切な場所です。
いまだにこの場所に立つと当時を思い出し、胸が熱くなります。


hkdl-1.jpg
こちらは「大嶼山(ランタオ島)」にある「香港迪士尼樂園度暇區(香港ディズニー
ランドリゾート)」の入り口です。
ちゃんとこの場所へも行く事が出来ました。で、興味深々でさらに中へと
進んでいくと。。。

hkdl-2.jpg
残念ながら入って行けるのはここまででした (^^;
ここは香港ディズニーランドのバスターミナルです。


caine-road-1.jpg
続いては、かつて私達夫婦が住んでいた、香港島の「堅道(ケインロード)」
正面に見える細長いマンションの上層階に住んでいました。周囲は緑も多く瀟洒な
住宅地で、香港島の高台に位置しています。
部屋からは「ビクトリアハーバー」が一望出来て、窓を開け放つと海からの風が
吹き抜けて行く、そんな場所でした。


caine-road-2.jpg
こちらは会社帰りによくビールを買って帰った「Welcome スーパーマーケット」
場所柄外国人の多い地域だったからか、世界中のビールが安く豊富に揃っていて
嬉しいお店でした。(勿論日本製ビールも豊富でしたよ)


central-1.jpg
こちらはかつてのオフィスの前(笑)「中環(セントラル)」の「徳輔道
(デボー・ロード)」です。でその道の反対側を見てみると。。。

central-2.jpg
お気に入りのお粥屋さん「羅富記粥麺専家」がちゃんとありました(笑)ここのお粥と
ワンタン麺が大好きで、いまだに香港を訪れると必ず1回は食べに行っているほどです。
(Queen's Road の「羅富記」はバスの陰に隠れてしまっているそうですが
こちらのデボーロード店はちゃんと写ってましたよ♪)


pacific-place.jpg
こちらは「金鐘(アドミラルティ)」の「太古廣場(パシフィック・プレイス)」
ウィンドウショッピングや食事、映画と大抵の事はここ1箇所で叶えられます。
休日には必ず訪れていた場所です。


times-square.jpg
そして最後が「銅鑼灣(コーズウェイベイ)」の「時代廣場(タイムズスクエア)」
ここも週末の重要なプレイスポットでした。ここの地下にある「City Super」の
フードコートもよく通っていました。(いまだに香港を訪れると利用しています)
そしてここの映画館で「タイタニック」を見て、あまりの感動で涙が止まらずに
席が立てず、奥さんをあきれさせた(笑)という思い出の場所でもあります。


こんな具合で、このサービスは香港を知る人にとっては絶好のバーチャル
香港散策ツールなのです。

是非みなさんもお試し下さい!



22:17  |  旅行  |  Trackback(0)
 | HOME |  NEXT