07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

新 望遠ズーム購入

2014.11.23 (Sun)

久しぶりに新レンズを導入してみました。 
最近話題の、TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (写真下)です。
tamron 150-600
もっと望遠域を強化したかった事が本レンズ購入の動機です。これまでNikon純正の70-200mmの大口径望遠ズームに、x1.7倍の純正テレコンの組み合わせで撮影していたのですが、ハーバー等遠方の被写体では、この組み合わせでは撮影倍率が足りずに、シーンによっては不満を感じていたのでした。
そこで何か良いレンズは無いものか?と調べてみましたら、タムロンからリーズナブルな超望遠ズームが発売されている事を知りました。ネットで色々と調べてみた所、巷の評判も上々な様です。
特殊低分散硝子と新開発のナノコーティングを組み合わせた光学系、超音波モーターによるAF駆動、手ブレ補正装置搭載と、必要十分な最新機能が盛り込まれています。そこで早速購入に踏み切りました。
実はNikon純正の80-400mmの最新望遠ズームにもかなり心動かされたのですが、あちらはお値段がタムロンの約3倍ですからね。。。描写力やAFスピード等では当然差があるのでしょうが、圧倒的なコストパーフォーマンスの良さと600mmまで使える焦点レンジで、タムロンに軍配が上がったという訳です。
実はこれが僕にとって初のタムロンレンズなのです 笑。

余談ですが、最近シグマからほぼ同じ内容の超望遠ズームが発売されました。店頭で現物を見てみると、純正に迫る高級感ある仕上げは魅力的でしたが、お値段がタムロンの倍近い事で残念ながら候補から落ちてしまいました。

さて前置きはそれくらいにして、早速この新レンズをクリスマスで賑わうTDRに持ち込んでテスト撮影をしてみましたので、結果をご覧下さい。
パークでの使い勝手は上々です。大きさや重さも、普段愛用している純正の70-200mmを一回り大きくした感じで、手持ち撮影もさほど苦になりません。鏡胴の仕上げも想像していたよりずっと高級感があって、D800との組み合わせもバランスが良い感じです。(見た目はかなり派手なバズーカ砲になりますが。。。笑)


では、早速作例をご覧頂きましょう。まず最初はランドのクリスマスパレードです。

tdr_141115_0051.jpg

tdr_141115_0124.jpg

tdr_141115_0090.jpg

tdr_141115_0084.jpg

tdr_141115_0012.jpg

撮影場所はプラザセンターの停止位置、イン側の立ち見エリアの最前列です。被写体のミキミニまでの距離はざっと30m以上あるでしょうか。600mmの超望遠の威力は圧倒的ですね。十分に満足行く撮影倍率だと思います。
気になる描写性能を見てみましょう。描写を考慮して、絞りは開放ではなく一段絞り込んでF8としていますが、純正の望遠ズームと比較するとピントは若干甘めです。焦点距離は500〜600mm付近での撮影に対し、シャッタースピードは1/4000秒程度の高速シャッターが切れているにも関わらず、こうした結果に終わってしまっているのは正直物足りない印象です。普段純正レンズのクリアで目が覚める様な描写を見慣れているせいか、余計にそう感じるのかもしれませんね。
勿論実用的には不満の無い描写性能だと思います。望遠レンズで問題になりがちな色収差も効果的に補正されている様です。

1つ気になったのは、露出が気持ちオーバー気味に仕上がっている点です。カメラ側の問題なのか、レンズとの相性の問題なのかはまだよく判りませんが、今後はこうしたピーカンの撮影条件では、-0.3~-0.7程度の露出補正が必要かもしれません。これは今後の検証課題ですね。


【撮影データ】
Nikon D800
Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (焦点距離 600mm)
Aモード(絞り優先AE) 絞りF8 ISO800、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE



続いてはワンマンでの作例です。撮影ポジは客席のセンター下手中ほどで、被写体までの距離は約20m前後だと思います。

tdr_141115_0304.jpg

tdr_141115_0327.jpg

tdr_141115_0328.jpg

tdr_141115_0352.jpg

tdr_141115_0397.jpg

クリスマスパレードと同様に絞りをF8まで絞りました。撮影感度をISO1600に上げていますが、シャッタースピードは1/1000秒程度で思った程かせげていません。その為動きの早いシーンでは微妙に被写体ブレが発生して、ミニーさんのシャープネスが損なわれてしまっています。しかし、レンズそのものの描写は思いのほかシャープで、特に最後のシャイニングのミニーさんは驚くほど細部まできっちりと解像しており、純正ズームにも迫る描写力を見せてくれています。これは意外な結果でした。

撮影条件は明らかにクリスマスパレードより悪いにも関わらず、焦点距離400mm付近で撮影しているおかげで良好な結果になったのかもしれません。実はネット上で600mm付近では描写力が低下するという評価を散見しますが、まさにそれを裏付けるような撮影結果となった事が興味深いですね。


【撮影データ】
Nikon D800
Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (焦点距離 400mm前後)
Aモード(絞り優先AE) 絞りF8 ISO1600、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE



最後は夜のテーブルの作例です。これまでで一番条件の悪いシーンですが、果たしてどの様な結果になるのでしょうか?他と条件を揃える為に絞りはF8としており、ISO6400まで撮影感度を上げてテストに挑みました。

tdr_141115_0517.jpg

tdr_141115_0457.jpg

tdr_141115_0604.jpg

tdr_141115_0625.jpg

結果はワンマンと同様に被写体ブレによる微妙なシャープネスの低下は見られますが、レンズの描写そのものは十分にシャープである事が判りました。更に、シャッタースピードは1/250秒程度であるにも関わらず、手振れ補正機能(タムロンの呼称はVC)が効果的に手振れを補正してくれたお陰で、良好な撮影結果が得られました。発色傾向は純正ズームと比較するとややあっさり目かなという印象です。
決して明るいとは言えない本レンズですが、夜のショーにも十分使える実力を見せてくれた事は、嬉しい誤算だと感じています。


【撮影データ】
Nikon D800
Tamron SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (焦点距離 400mm前後)
Aモード(絞り優先AE) 絞りF8 ISO6400、露出補正なし
マルチパターン測光 ホワイトバランス オート
ピクチャーコントロール ビビッド、ファイル形式 Jpeg FINE




最後に今回のテスト撮影の印象をまとめてみたいと思います。

この望遠ズームは、実販価格10万円そこそこというリーズナブルなお値段でありながら、超望遠の600mm域まで撮影を楽しめる点は何よりも評価できると思います。勿論、テレ側の描写性能を高価な純正レンズと厳密に比較すれば、多少見劣りする面が有る事は致し方ありません。しかし、500mm以下の焦点レンジを使って極力ブレを抑えた撮影を心がければ、純正品に迫る素晴しい描写が得られる事が判りました。
その為に必須となる、効果的な手振れ補正機能が搭載されている点も嬉しいですね。D800と組合わせたAFスピードも非常に小気味良く、暗いシーンでも純正品と比較して全く遜色がありません。背景のボケ描写は柔らかく好感が持てます。この点はむしろ純正の大口径望遠ズームよりも、個人的には高評価かもしれません。

どんな条件でも常にパーフェクトな結果を出してくれる純正のズームとは違って、このレンズのクセを早く掴んでそれを積極的にフォローしてあげれば、このレンズはきっと期待に応えてくれる事と思います。
薄暗い舞台や夜間のショーの撮影では純正の大口径望遠ズームを使用し、日中の撮影条件でなるべく撮影倍率を稼ぎたいシーンではこのレンズという様に、効果的な使い分けを心がけて行きたいと思います。それでもやはりパークの常用レンズという純正の大口径望遠ズームのポジションは当分揺るがないですね。

しかし何よりパークでの撮影の可能性が大きく広がった事は、今回の新レンズ導入の最大の成果だと思います。



00:30  |  Camera  |  Trackback(0)

お気に入りレンズ 4

2013.12.28 (Sat)

35mm f2.8s
(Nikkor 35mm F2S 僕の一番好きなレンズです)

唐突ですが、「もし、好きなカメラ一台とレンズ一本だけ持って、世界を放浪する旅に出るとしたら、どんなカメラとレンズを選ぶか?」と問われたら、躊躇する事なく「Nikon New FM2 + Nikkor 35mm F2S を選びます!」と答えるでしょう。

いきなり変な展開になりましたが、今回のレンズ話はこれ迄にもまして超マニアックな世界に踏み込みますので、覚悟してついてきて下さい。 → カメラ好きの方限定でお願いします 笑。

冒頭のエピソードにはちょっと説明が必要ですね。
沢木耕太郎さんの名著「深夜特急」という、シルクロード紀行本があります。香港を基点として、インドのデリーからロンドンまで、乗り合いバスを乗り継いで旅をしようというそれはそれは壮大な物語(実話)で、僕の大好きな一冊です。
その影響という訳でもないのでしょうが、一時期アジアから中東そして欧州への放浪の旅に、かなり憧れた時期がありました。ちょうど、香港駐在を終えて日本に帰国したばかりの頃のお話です。で、当時愛用していたカメラとレンズが、冒頭にご紹介した「Nikon New FM2 + Nikkor 35mm F2S」 だったのです。

この組み合わせは、今となっては化石の様な感じがします。何しろ手でフィルムを詰めて、巻き上げもピントも手動、おまけにシャッタースピードと絞り値も手で合わせるという感動もののカメラなのです。
しかも完全機械式カメラなので、電池がなくても問題なくカメラは作動して、普通に写真が撮影出来てしまうのです!最近のデジタルカメラしか触った事の無い世代の人たちには、想像を絶する操作性のカメラかもしれませんね 笑。

しかし、全てを人間の手と勘で合わせるというアナログの極致とも言える操作性は、カメラを使いこなしカメラと一体になるという、独特の悦びがある事も事実なのです。(この辺りの事情については、以前のトピック「Nikon Df」の中でも詳しく触れた通りです)

さて、すっかりデジタル人間へと変貌を遂げた現在でも、このカメラとレンズは大切に日本の防湿庫の中に保管してあります。前々回ご紹介した 300mmF4 のレンズを購入した際にも、下取りに出す事は全く考えませんでした。
その理由は、このカメラとレンズにもの凄く愛着があったから。香港での4年間、このカメラとレンズを手にして、毎週の様に週末の香港の街を散策し、街の風景と人々の姿を写真に納めるのが何よりも好きでした。
おかげでこのカメラはすっかり僕の手に馴染んでしまって、目をつぶっても操作出来るほどでした。(さすがに今はもう無理でしょうねぇ。。。笑)

このレンズが大好きな理由はもうひとつあります。それは35mmという焦点距離が、僕の眼の視角とぴったり合っていて、正に眼で見る様にして、カメラのファインダー越しに風景を切り取る事が出来たからです。(勿論これは35mmフルサイズの画角での話しです)
ズームを操作する代わりに、自分がカメラと一緒に前後して画角を調整する。ファインダーで被写体を確認しつつ、しっとりとしたヘリコイドリングの感触を楽しみながら、しっかりとピントを合わせシャッターを切る。そして次の被写体を探して街を歩きながら、手でフィルムを巻き上げシャッターをチャージする。こうした一連のマニュアル撮影とそこから得られる感覚は、体験した者にしか分らない快感があります。すっかり防湿庫の奥で眠っているこのカメラとレンズですが、恐らく一生手放す事はないでしょう。やっぱり趣味のものって、便利なだけでは駄目なんですよね。

たまにはこのレンズをパークに持ち出してみようかな。。。でも、もの凄く目立ちそうですね 笑。 以前ご紹介した Nikon Df なら正にこのレンズはジャストフィットするので、この組み合わせでじっくりとパークの風景等をスナップしてみたいものです。

これこそ、贅沢な写真趣味の極みかもしれません。






21:22  |  Camera  |  Trackback(0)

お気に入りレンズ 3

2013.12.21 (Sat)

24-85.png
(実用性抜群のフルサイズ用標準ズームの決定版)

お気に入りレンズの第三回です。今回はD800と同時購入した、AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR をご紹介しましょう。

一年以上前にD800の導入を検討していた際、組み合わせて使用する標準ズームをどうするか?これで結構悩みました。せっかく3600万画素の高画質を楽しむのであれば、レンズもそれ相応の高級ズームにしなければならないと当初は考えていました。あいにく、フルサイズ用の標準域のレンズは随分前に処分してしまっていたので、今回新たに購入しなければなりません。しかし、ニコン純正のF2.8通しのいわゆる大口径標準ズームとなると、目玉の飛び出るお値段ですからねぇ。。。D800の導入だけでもそれなりの出費なのに、さすがに我が家の財務省がこれを許してくれるとは思えません 笑。しかもお値段だけではなく、重量も超ヘビー級になる事を覚悟しなければいけませんから、早々とこの案は諦めざるを得ませんでした。

で結局悩んだ挙句、懐への優しさと同時に携帯性にも優れた、本レンズを購入する事に決めたわけです。しかし、最後まで頭を悩ませたのがD800とのバランスでした。勿論シャープさに定評あるニコンの最新レンズですから、描写性能に不足は無いはずでその点に全く不安はありませんでした。では何が不安だったのか?つまり世界最高と謳われたD800の高画素との組み合わせで、その実力を十分に引き出せるのか?という不安だったわけです。
例えばこれが2400万画素のD600との組み合わせならば、全く不安無くむしろベストバランスと考えて導入する事が可能だったでしょう。結局D800との組合せには多少アンバランス感は有るものの、パークでの携帯性や軽快な操作性を重視して、導入に踏み切りました。

その描写性能ですが、上記の不安は全くの杞憂だった事が直ぐに判りました。少なくとも、僕が必要とするパークでの撮影用途であれば、D800との組み合わせは「最高」の描写を提供してくれる名コンビだったのです。


hkdl_131001_0213.jpg

作例をご覧頂きましょう。今年のハロウィンのデジ姐さんです。
彼女の柔らかで繊細な羽毛の描写と、それと対照的なリボンやドレスの極めてシャープで緻密な描写にご注目下さい。元々このレンズはほぼ100%グリ専用と考えて購入した訳で、この描写力は僕の期待に完全に応えてくれる素晴しいものでした。背景のレンガ壁の硬質な質感描写も素晴らしいです。


hkdl_131001_0712.jpg

続いてもう一枚。同じく今年のハロウィンのミニーさんです。
夜間なので絞り開放付近での撮影ですが、極めてシャープでコントラストの高い描写はさすがです。デジ姐さんの場合と同様、ドレスやリボンの緻密な描写にも目を奪われます。ミニーさんの表情も実に生き生きと描写されていますよね 笑。お手軽価格にも関わらず、NIKKORレンズの描写性能の高さに、改めて感心させられました。

描写性能の話ばかりが続いてしまいましたが、使い勝手も優れているんですよこのレンズは。
VR(手振れ補正機能)が装備されているので、夜間の撮影でも手ブレを抑えたシャープな描写が得られますし、焦点域も24mmの広角域から85mmの中望遠までカバーするので、パレード等での撮影にもとても使いやすいレンズです。特にD800ならば、1.5倍のクロップ撮影が可能なので、ちょっと寄りが足りない場合でも安心ですね。レンズ本体の重量は465gなので決して軽くはありませんが、F2.8の大口径標準ズームと比べたら半分の重量なので、十分に満足の行くスペックです。D800との重量的なバランスも良好ですよ。

このレンズと第一回目でご紹介した70-200mmの大口径望遠ズームとの組み合わせで、グリ、ショーパレから、風景や夜間の撮影まで、パーフェクトなパーク撮影を楽しむ事が出来るのです。この両レンズの組み合わせを手放す事は当分出来ないでしょうね。僕にとって最高の頼れるコンビネーションだと思っています。







22:44  |  Camera  |  Trackback(0)

お気に入りレンズ 2

2013.12.05 (Thu)

300 f4
(カミソリの様にシャープで使いこなしも難しい。そんな尖った性格の持主)

最近カメラ関係の話題が続いておりますが。。。笑、今回も引き続き僕のお気に入りレンズの話題をお届けします。

今回取り上げるレンズは、AF-S Nikkor 300mm F4D - IF EDです。
このレンズのプロフィールを簡単にご紹介します。シャープなレンズ揃いのNikkorの中でも、最高峰の描写性能を持つと言われているこのレンズ。何十万円もする高価なプロ用レンズと遜色無い性能でありながら、一般人にも手の届く価格である事も嬉しい点。その代わり、VR(手振れ補正機能)が搭載されていないので使いこなしにはそれなりの慣れが必要で、いわゆる「使い手を選ぶ」そんなレンズです。
例えて言うなら、「シャア専用ゲルググ」みたいな感じでしょうか 笑。(この例え、お判り頂ける方は限られそうですが。。。笑)

このレンズを手に入れたのは今から7年以上前。当時のカメラはNikon D70でした。その頃使用していたズームレンズが200mm止まりだった事もあり、「もう少し寄れる望遠レンズが欲しい!」そう考えてこのレンズを購入しました。
当時はまだNikon F5というフィルムカメラも並行して使っていた頃で、交換レンズも結構な数を所有していました。そうしたレンズ達を思い切って中野にある「フジヤカメラ」に下取りに出し、そのお金でこのレンズを新品で購入したのです。手に入れた時は嬉しかったものです。

その後、このレンズはパークの撮影に随分と活躍してくれました。
特に私の好きなショーの撮影では、一時期私の主力レンズとしてほぼ100%このレンズで撮影をこなしていました。そんな当時の写真から、作例を一枚御紹介します。


300f4-sample.jpg
(↑クリックすると拡大表示します)

ミシカです。撮影ポジションはフォートレスの屋上テラス。アップした拡大写真は約1/2にリサイズしています。オリジナルのサイズでお見せ出来ないのが残念なのですが、対岸のゲスト一人一人の表情もはっきりと識別できる位、物凄い解像力なのです(笑)
対岸までの距離ってざっと300mはありますよね。使用しているカメラはD70なので、画素数は600万画素しかありませんがこの描写をご覧下さい。画面の隅々まで全く描写力が変わらず、きっちりとシャープな画像を結んでいます。望遠系のレンズにありがちな色収差も全くみられません。さすがですね。

この写真を初めてPCのモニターで見た時、鳥肌が立った事を今でも憶えています。

余談ですが、こうした望遠系レンズを使用する際に絶対避けなければならないのが手ブレ。あきらかなブレだけでなく、拡大しても分らない様なごく僅かなブレでも、画像のシャープネスを大きくスポイルしてしまいます。
なので私の撮影スタイルは、基本は絞り優先AEで絞り解放。ISOを被写体の明るさに応じて調整し、なるべく高速シャッターが使用出来るように注意しています。カメラやレンズの手振れ補正機能を過信せず、ちょっとした注意をしてやる事で、出来上がった写真のシャープさは大きく違ってくるものなのです。

さてこんな非常に優れたレンズなのですが、現在は殆ど出番が無く日本の防湿庫の中で待機してます。理由は前回取上げた、70-200mm F2.8のズームと x1.7テレコンを入手してしまったから。勿論描写性能では圧倒的にこのレンズの方が上なのですが、ズームの便利さにはかないません。。。
レンズの明るさがF4なので暗いシーンではちょっぴり弱いのも一因です。300mmの単焦点というのもウィークポイントで、ズームレンズの便利さに慣れてしまうと、どうしてもそこから抜けられません(笑)

人間ってどうしてこうも横着になってしまうんでしょうか。。。でも、このレンズは手放せない愛着があるのも事実です。きっちり使いこなすと、カミソリのような切れ味の素晴らしい描写を見せてくれるからなのです。勿論、高級感あるマグネシウム合金の鏡胴の仕上げも気に入っています。
現在の愛機であるD800とこのレンズを組み合わせたら、一体どんな写真が得られるのでしょうか?興味は尽きないのですが、最近の撮影フィールドはもっぱら香港DL専門となっているので、このレンズの特性を生かせるシーンが殆どないのが非常に残念な所です。

いつかはこのレンズとD800の組み合わせで、ハーバーのショーの撮影を堪能したいものだと思っています。







21:19  |  Camera  |  Trackback(0)

お気に入りレンズ 1

2013.11.15 (Fri)

70-200 VR2
(パーク撮影の標準レンズ AF-S Nikkor 70-200 F2.8G)

過去トピックからの再録となりますが、「お気に入りレンズ」と題して、私の機材紹介を兼ねて、お気に入りのレンズについて雑談や思い出話などを書いてみたいと思います。第一回目は、パーク撮影の標準レンズとも言える AF-S Nikkor VR 70-200mm F2.8G ED IF を取り上げたいと思います。

このレンズが私の主力レンズです。パークでの撮影はほぼ9割このレンズでこなしていますから、もうこのレンズ無しのDisney ライフは考えられません(笑)現在の私の主力機であるNikon D800とのバランスも最高です。ちょっぴり重いのが玉に瑕ではありますが、それを補って余りある魅力があるので、どんな時でもこのレンズは手放せません。


大好きなレンズなので、気に入っている点を挙げるときりが無いのですが。。。いくつかご紹介してみましょう。

まず、何と言っても使い勝手のよさ。
70-200mmの焦点距離って、ショーやパレードの撮影に丁度いいですね。だいたい被写体まで10m前後の距離で、キャラの全身からアップまで狙えます。さらに、テレコンバーター(x1.7倍)を併用すると、合成焦点340mmとなるのでちょっと離れたポジションからでも、そこそこ大きな画が撮影できます。Nikon 純正のテレコンを使用すれば、画質の低下も殆ど気になりません。超音波モーターによるAFも非常に正確でスピーディ。動きの早いショーでも、気持ちよく撮影に専念出来るのが嬉しい点です。

解放F値が2.8と明るい事も大きなアドバンテージです。
このレンズのおかげで夜のショーや屋内の暗いショーであっても、臆せず撮影に挑む事が可能になりました。VR(手振れ補正機能)の効果も高いので、シャッタースピードが遅くなりがちな撮影でも安心感が高いです。更にD800の高感度性能との組み合わせなら、ライオンキングの様な暗いステージショーの撮影でも安心。マスターレンズが明るいので、テレコンとの相性も抜群です。

そして何よりも画質の高さは特筆物。
絞り解放から、画面周辺まできりっと引き締まった高画質で、コントラストも良好です。もともとNikonのレンズは、安価な普及レンズでも画質の高さは折り紙付きですけれど、その中でもこのレンズはトップクラスの高画質。
ただ逆光にはやや弱く、強い光源が画面に入るとゴーストが発生したり、コントラストが低下しがちですが、これも通常のレンズと比較すれば十分以上の実力を有しています。少なくとも撮影していて不満を感じる事は殆どありません。
Nikonの最新ナノクリスタルコートレンズ群と比較してしまうと、ちょっと弱いかなぁというレベルの話です。

高価なレンズなので、その造りの良さや精密感・質感の高さも気に入っています。
マグネシウム合金のがっしりとしたボディと金色のプレートは、使用するたびに満足感を高めてくれます。やっぱり趣味で使用するのだからこうした面も大切だと思います。付属するフードも花形の大型フードで、ボディと同じ高級感のある梨地仕上げ。あらゆる点で、所有する事の喜びを感じさせてくれる逸品だと言えるでしょう。

現在では2代目のレンズが登場して、このレンズは生産中止となってしまいました。
最新のレンズはナノクリスタルコートが施され、より描写性能も高くなっています。その代わり、更に高価で手の届かないレンズになってしまっている点がちょっと残念。。。逆に2代目が登場した今なら、中古でこの初代 70-200 を狙うというのもアリだと思います。
見た目の大きないわゆる「バスーカ砲」と言われるレンズですが、大きく高価なレンズにはそれを補っても余りあるアドバンテージがあるものです。このレンズを使用するようになって、それが実感として理解できる様になりました。

海外パークへ遠征する際にも、このレンズは絶対に外せません。Nikon ユーザーなら是非使ってみたい、正に「パーク撮影の標準レンズ」だと思っています。


hkdl_121201_0125.jpg





23:54  |  Camera  |  Trackback(0)
 | HOME |  NEXT