03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

上海、そちら系の話題。。。

2014.06.29 (Sun)

上海はディズニー系の刺激が少なくて、渇いた心を癒せず本当に困ります。外資系の大型ショッピングモールでさえ、ディズニー系の商品を見つける事は稀なのですから。。。近々香港を訪れる予定なので、もうしばらくの辛抱だと自分に言い聞かせながら、悶々とした日々を送る毎日です 笑。

そういえば、来年早々に上海の新都心である陸家嘴(るーじぁずい)地区に世界最大級のディズニーストアが、いよいよオープンするらしい。本命の上海ディズニーランドは更にその一年後なので、まだ当分先の話で果たしてその時まで上海にいるかどうかも怪しいのですが、このDSならばこの目で見届けられるはず。
恐らくグランドオープニングには、主要キャラを始め本国からお偉いさんも多数出席することでしょうから、今からこれを楽しみにしている私です。

話は変わって、前回のトピックから引き続いて「Frozen」の話題を少々。
前回もご紹介した25カ国語バージョンですが、更に面白い動画を見つけました。25カ国語で歌う役者さんの録音風景を、「Let it go」の歌に乗せて順番に見せてくれる動画です。既にお馴染みかもしれませんね。
勿論我が松たかこさんも登場します。皆さん非常に個性豊かな方ばかりで、観ていると本当に興味が尽きません。言語によっては一人の役者さんが2カ国語を兼任していたり、歌い方(アクション 笑)もそれぞれ違いが有って、実に面白いです。皆さん心から楽しんで歌われている事が、映像からはっきりと伝わって来ます。
ちなみに私が好きなのは、ポルトガル語・スペイン語・ノルウェー語・カナダ圏フランス語、そして最後のフラマン語のパートです。特にポルトガル語を歌っている役者さんは実に面白い!何度も観ているうちに彼女のファンになってしまいました 笑。

興味がありましたら、是非一度ご覧になってみて下さい。




スポンサーサイト
23:03  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)

新年快樂。。。

2014.01.31 (Fri)

新年快樂。

中国の新年が明けました。今このブログを上海の自宅から書いています。。。が、数時間前から街中ひっきりなしの花火と爆竹で、部屋の中にいてもうるさい事この上もありません orz
こちらでは本格的な打ち上げ花火を、誰でも路上の花火商から購入出来る上に、街中でそれを競い合って打ち上げるのだから堪りません。。。 つい先ほどは、20階の我が家の目の前で打上げ花火が炸裂しておりましたよ。。。(;^_^A
お隣の棟の窓ガラスに炸裂した花火がビシビシと当たっていて唖然としました。日本では想像出来ない光景を目の当たりにしたわけです 笑。

恐らく上海市内だけでも、今夜一晩で何百万、下手すると何千万発という花火と爆竹が炸裂するでしょう。もう、窓の外は真っ白で視界はほぼゼロです。。。
日本の静かで厳かな大晦日とは全く違いますね。中国の大晦日は三度目ですが今年は特に酷い感じがします。そして程度の差こそあれ、中国中の都市で同じ事が繰り広げられているわけです。アジア地域に与える大気汚染の影響は洒落にならないレベルでしょう。もう、文化の違いなどという悠長な事を言っている場合では無い気がします。。。

今日の飛行機で香港へ行くのですが、視界不良で無事飛んでくれるのか非常に心配です。。。昨日も軒並み上海発の飛行機は大幅な遅延と欠航の嵐だったとか。(数日前から断続的な花火が街中で上がっておりましたので、その影響でしょうか。。。)

さてどうなる事やら。。。




00:28  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)

上海は三連休

2013.04.06 (Sat)

(本日の話題は、ディズニーとは全く無関係です)

image_20130406213042.jpg
「翡翠酒家」の飲茶 (iPhoneで撮影したので画像は不鮮明ですが。。。)

上海は清明節で三連休です。日本では鳥インフルエンザのニュースで持ち切りみたいですが、当の上海の街は至って平穏です 笑。

今日の遅めのブランチは飲茶でした。昨年暮れにオープンした上海高島屋の中に入っている、広東料理レストラン「翡翠酒家」です。香港ではそこそこ高級なレストランとして、香港市内のあちこちに支店を出している有名店です。香港に住んでいた当時は、休日の遅いブランチはいつも飲茶でしたから、自宅から徒歩数分の距離で本格的な香港式飲茶が楽しめるようになったことは、何とも喜ばしい事です(^.^)

肝心のお味はほぼ完全な香港の味を再現していて、個人的には80点の得点を差し上げたい。浦東のシャングリラホテルに入っている広東料理の老舗「福臨門酒家」と比較しても、それ程遜色ないお味で満足度は高いです。点心が大好きな香港人と違って、こゆーい味付け(笑)の上海料理が大好きな上海人。つまり、上海で美味しい飲茶に巡り会える事は、結構貴重な事なのです。
休日の楽しみが一つ増えました。


image.jpg


さて、そんな美味しい飲茶に舌鼓を打ちながら、果たして来年の今頃自分は何処で何をしているのだろうか? 何て事を取り留めもなく考えていました。急激な円安と株高の進行や、解決の糸口が見えないユーロ危機。極めて不安定な朝鮮半島情勢や先行きの不透明な中国経済、そして日米のTPP交渉の行方などなど。。。
自分と日本を取り巻く情勢は刻一刻と変化しています。これから自分の生活や仕事にも、少なからず影響を及ぼすはずです。

そんな小難しい事を考えながら愉しむ飲茶も、たまには良いかもです 笑。



20:02  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)

灼熱の上海ともう1つのオリンピック

2012.07.29 (Sun)

shanghai_120729_0007.jpg

上海は暑い日々が続いております。。。
先週、台風から逃れるようにして香港を脱出した晴れ男の私ですが、上海へ
戻ってみると、連日凄まじいばかりの灼熱の晴天 笑。
確かに上海の夏は暑いのですが、普段はスモッグで真っ白な上海の空が
何故か今週一週間は、汚れを拭き取ったかの如く真っ青に晴れ上がっており
強烈な太陽光線を、容赦なく照射しております。
暑いを通り越して、本当に熱い灼熱地獄状態です。
晴れ男もここに極まれり。。。。と言った感じでしょうか (^^;

shanghai_120729_0016.jpg

shanghai_120729_0012.jpg

そんな中、今日の午前中は久々に奥さんと2人で外灘(バンド)へ出かけて
みました。ただでさえ熱い上海の街に、地方から観光にやって来たお上りさん
の団体でごったがえしているのだから堪りません。。。!
逃げるようにして「和平飯店(Peace Hotel)」へ。ここだけは外の喧騒とは
無縁の、まるで時間が止まったかのような空間でした。
良いねここ。こんどはゆっくりとアフタヌーンティーでも楽しみにこようっと。

shanghai_120729_0005.jpg

shanghai_120729_0002.jpg


さて、お話は変わって、巷ではロンドンオリンピックの話題で持ちきりでしょうか。
私も人並みに日本勢の活躍は気になるのですが、それ以上に気になるのがもう1つの
オリンピックとも言うべき、「Nikon vs Canon」の頂上対決の結果なのです 笑。

「え?何それ?」って声も聞こえてきそうですが、この二社のロンドンでの対決は
世界中のカメラファンから注目されていると言っても過言ではないのです。
つまり、世界中から集まった超一流のスポーツカメラマン達や、一流のマスコミ達が
一体どちらのメーカーのカメラを使用しているか?を、我々は固唾を呑んで見守って
いると言うわけです。。。ははは、なんだそりゃ?って感じかもしれませんが、熱心な
カメラファンにとっては笑い事ではありません。

何しろ、極限までの信頼性と極限までの性能を持ったカメラだけが、こうした一流の
プロ達に選択される訳ですから、一部のファンだけではなく両メーカーも相当気合を
入れてオリンピックに臨む訳です。
ニコンの望遠レンズは黒、キヤノンは白という訳で、別名「白黒対決」とも呼ばれて
いるのです。(まるでオセロですね)

振り返ってみると、東京オリンピックから札幌オリンピックくらいまでは、報道の
ニコンが圧倒しており、会場のプレス席はニコン一色に染められていたそうです。
その後キヤノンもプロ機に力を入れ始め、徐々にシェアを伸ばしました。
80年代に入り、オートフォーカスが全盛を迎えると、キヤノンも存在感を増し始め、
デジタルカメラ全盛時代になると、デジタルに乗り遅れたニコンが転落、一挙に形勢は
逆転してしまいました。。。

アテネオリンピックでプレス席が真っ白なキヤノン一色になるに及んで、多くのニコン
ファンは悔しい思いを強いられたものでした 笑。
しかし、ニコンが北京オリンピックに向けて開発したスーパーマシンD3で、再び形勢は
変わり、北京スタジアムのプレス席はニコンがほぼ互角にまで盛り返したのでした。

そして四年後の今年、ニコンはD4、キヤノンは1DXという最新最強のデジタル
一眼を投入して、雌雄を決しようというのだから、これは注目せざるを得ませんね。
オリンピック開催前の前評判は、カタログスペックで一歩リードするキヤノンが
優勢か?という感じでした。一方ニコンの方は、どんな悪条件でも確実に写し取る
というカメラの基本性能と信頼性とを磨き上げてのロンドン投入となったのでした。

しかしいざ蓋を開けてみると、ニコンが大幅リードという情報が趨勢の様です。
やはり、見た目のスペックよりも、信頼性と悪条件に強い高性能が支持されたという
事なのでしょうか。。。?でも、まだまだ予断は許されません。
ロンドンの熱き戦いは、まだ始まったばかり。これからが本番です。

勝つのは白か黒か?頂上対決の最終結果は如何に?
世界中のファンが、もう1つのオリンピックの結果を固唾を呑んで見守っているのです。



15:32  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)

いろいろなこと

2011.12.11 (Sun)

hkdl111001_0351.jpg
(本文とは全く関係ありません。HKDLホテルのロビーで撮影したひとコマ)

今日は奥さんと一緒に上海の美容室へ行ってみました。
日本式美容室と宣伝しているだけあって、システムも雰囲気も日本の美容室と
全く一緒です。唯一違うのがスタッフがみな中国人だという点 笑。
幸い日本語の出来る美容師さんがいるので、最低限のコミュニケーションは
とることが出来ます。

今日は思い切ってヘアカラーもお願いしてみました。仕上がりはちょっと
落ち着いた栗色といった感じで、本人はなかなか気に入っています 笑
カットとカラーとトリートメントがセットになって398RMB(約4800円)
ですから、かなりリーズナブルですよね。
担当してくれた中国人のスタイリストさんも、とても丁寧な仕事ぶりで満足しました。
こらからも、定期的にここでカラーとカットをお願いしようかと思っています。
奥さんの方は、カットとストレートパーマとトリートメントで498RMB(約6000円)でした。
ちなみにお店の場所は、地下鉄四号線「藍村路」の駅すぐ近くです。


さて、話は全く変わりますが、久しぶりにカメラ関係の事でも書いてみましょうか。
自分がいま一番関心がある事といえば、Nikonの次期フラッグシップとなるD4の
発表時期とそのスペックについてです。
当初は今年の11月発表の噂が有力視されていましたが、どうやらタイの洪水の影響で
延期されてしまったみたいです。(Nikonもタイに主力工場がありますからね)

来年はロンドンオリンピックの開催年ですから、D4はこれに焦点を合わせて発表されて
来ることは間違いありません。幸いな事に来年1月発表との噂も聞こえ始めてきましたから、
もう少しの辛抱ですね。
僕には個人的な偏見(というか強い思い込み)があって、それは報道やスポーツの分野
では、Nikonがプロ機を席捲しているべきだとの思いがあります。
そして、現行のNikonのフラッグシップであるD3sが登場した事で、現在のプロ用
デジタルカメラの方向性が、はっきりと定まったと考えています。
つまり、数年前までは「画素数優先」の開発方針を明確にしていたCanonまでが
新しいフラッグシップのEOS1Dxで、D3sと同じ高感度・高速連写機に方向転換を
して、Nikonに追従して来た事からもこれは明らかです。

余談ですが、この1Dxは10月に発表され発売がなんと半年後の来年3月という、異例の
カメラでもあります。これには色々と憶測が飛び交っていますが、果たして本当の理由は
何なのでしょうか。。。?
これまでは、他メーカーの発表を待って後からより優れたスペックのカメラを出す事を得意
として来たCanonだけに、今回の6ヶ月前の異例な早だしジャンケンには、きっと何か
裏があるに違いない、と思っているのは僕だけではないでしょう。
もし、Canonが今回絶対にNikon負けない自信があるのなら、D4の発表を待って
その直後に1Dxの発表を行ったほうが、戦略的に絶対有利だと思うのですけどね。。。
これはひょっとして。。。。?


色々と支障もあるでしょうから、妄想はこれくらいにしておきましょう 笑
NikonD4の発表が本当に楽しみな今日この頃です。






00:09  |  Shanghai Life  |  Trackback(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。